ローリー・ウィンクラーのすべて【The Beast】

選手紹介

圧倒的なバルクと独特な愛嬌で日本でも大人気なボディビルダー、ローリー・ウィンクラー

Mrオリンピアでも好成績を残し、今後の活躍も期待されている彼はどんな人物なのでしょうか?

ということで本記事では

  • プロフィール
  • 経歴
  • 大会成績
  • トレーニング内容
  • 食事内容

など、ローリー・ウィンクラーのすべてを解説していきます!

プロフィール

本名:ローリー・ウィンクラー
出身:オランダ領キュラソー島
生年月日:1977年6月22日
愛称:The Beast
身長:168cm
体重:135~145kg
上腕:61cm
大腿:71cm
ウエスト:89cm
カーフ:51cm

経歴

生い立ち

ローリーは南カリブ海のオランダ領、キュラソー島で生まれました

4歳のころに父親がバイクの交通事故で命を落とすという悲劇を経験します。

父親を亡くし経済的に苦しくなったローリー一家は、オランダ本土へ移住します。

その後アメリカに移住することとなったローリー。

彼はアメリカで生活するなかでトレーニングを始めることになります。

ジムで出会うボディビルダーたちを見て、当時からボディビルに興味を持っていたそうです。

再度オランダに戻ってきた彼は趣味として筋トレを続け、大会にも出場するようになります。

アマチュアで行われていた大会にたびたび出場し、もちまえの大きさとリーンな仕上がりで高い評価を受けていました。

RoellyWinklaar」の新着タグ記事一覧|note ――つくる、つながる、とどける。

交通事故・ボディビルの道へ

アマチュアボディビルダーとして高い評価受ける反面、当時のローリーはプロボディビルダーになろうとは全く思っていなかったようです。

そんな彼の人生に転機が訪れます。

彼は2004年に交通事故に巻き込まれ、生死をさまようほどの大けがを負ってしまったのです。

入院中、彼の人生についての考え方はがらりと変わりました。

「自分のフィットネスの才能を活かしきれていないのではないか?」

と考えるようになった彼は、27歳の時、

ボディビルのプロカードを獲得すべく全身全霊を捧げる

という一大決心をしたのでした。

ジビルトレーナーとの出会い

日本にも来日!】ローリーウィンクラーの食事、トレーニング、wiki、来日した際の状況など。 | マッスルヒストリー

決意の日から5年間、ローリーは厳しいトレーニングを積み重ねていきます。

しかし、道のりはそう簡単ではありません。

リーンな身体を維持しつつ筋肉のサイズをつけようと努力していた彼ですが、当時の彼にはトレーニングに関する知識も、食事に関する知識もほとんどありませんでした。

自己流の努力に限界を感じた彼は、さらなる高みを目指すため、プロのコーチを探し始めました。

ジム仲間たちから情報収集するうちに、彼はひとりのトレーナーの元に行きつきました。

オランダで最も優れたトレーナーとの呼び声も高い女性トレーナー、ジビル・ピーターです。

彼女の指導を受け、ローリーは飛躍的な成長を始めます。

肉体的な成長だけでなく、ステージ上でのパフォーマンスなども改善され、ボディビルダーとして着実に実力をつけていきました。

プロへ

ジビルトレーナーと出会い実力をつけたローリーは、アマチュアボディビル界では知らないもののいない存在になっていきます。

そして2009年、「Arnold Amateur Championships」で優勝を果たし、プロのボディビルダーになるという目標を達成しました

プロになったことで彼のモチベーションはさらに高まります。

2010年の「New York Pro」では日本人トップビルダーの山岸秀匡選手や優勝候補の一角だったデニス・ウォルフ選手を破り、プロ初優勝を果たしました。

この優勝をきっかけに、ローリーは最高のボディビルダーの一人として知られていくことになりました。

ローリーウィンクラー Roelly Winklaarの全て|1度死んで目覚めた男|ダイナマイト息子|note

大会成績

  • 2019 IFBB Yamamoto Pro 1位
  • 2019 IFBB Mr. Olympia 5位
  • 2019 IFBB Arnold Classic Australia 3位
  • 2019 IFBB Arnold Classic Ohio 5位
  • 2018 IFBB EVLs Prague Pro 1位
  • 2018 IFBB Mr. Olympia 3位
  • 2018 IFBB Arnold Classic Australia 1位
  • 2018 IFBB Arnold Classic Ohio 4位
  • 2017 IFBB EVLs Prague Pro 1位
  • 2017 IFBB Mr. Olympia 6位
  • 2017 IFBB Arnold Classic Europe 4位
  • 2016 IFBB Mr. Olympia 6位
  • 2015 IFBB Arnold Sports Festival 6位
  • 2015 IFBB Arnold Classic Australia 6位
  • 2015 IFBB Mr. Olympia 7位
  • 2015 IFBB Arnold Classic Europe 5位
  • 2015 IFBB EVLs Prague Pro 6位
  • 2015 IFBB Nordic Pro 2位
  • 2014 IFBB Wings of Strength Chicago Pro 1位
  • 2014 IFBB Mr. Olympia 12位
  • 2014 IFBB Arnold Classic Europe 5位
  • 2014 IFBB Dubai Pro 3位
  • 2014 IFBB EVLs Prague Pro 4位
  • 2014 IFBB San Marino Pro 4位
  • 2014 IFBB Nordic Pro 1位
  • 2013 IFBB Chicago Pro 1位
  • 2013 IFBB Mr. Olympia 7位
  • 2013 IFBB Arnold Classic Europe 6位
  • 2012 IFBB Mr. Olympia 12位
  • 2012 IFBB Sheru Classic Asian Grand Prix Pro 4位
  • 2012 IFBB British Grand Prix 6位
  • 2012 IFBB Prague Pro Championship 8位
  • 2012 IFBB Tampa Bay Pro 4位
  • 2012 IFBB Arnold Classic Europe 3位
  • 2012 IFBB Europa Super Show 4位
  • 2011 IFBB Arnold Classic 8位
  • 2011 IFBB British Grand Prix 2位
  • 2011 IFBB Mr. Europe Grand Prix 2位
  • 2011 IFBB FIBO Power Pro Germany 3位
  • 2011 IFBB New York Pro 9位
  • 2010 IFBB Arnold Classic 7位
  • 2010 IFBB Australian Pro Grand Prix – 3位
  • 2010 IFBB Mr. Olympia 14位
  • 2010 IFBB New York Pro 1位
  • 2009 NPC Arnold Amateur 1位
Roelly Winklaar, the mighty lion king of Curacao | LaptrinhX / News

トレーニング

プロのボディビルダーの中でも頭一つ抜けたバルク(筋肉量)がローリーの魅力のひとつ。

そんな彼の圧倒的な筋量は、どんなトレーニングを通して出来上がったのか、見ていきましょう。

ローリーのトレーニングルーティーンと実際のメニューは以下のような感じです。

月曜日
火曜日
水曜日オフ
木曜日背中・肩・腕
金曜日
土曜日オフ
日曜日オフ

デクラインベンチプレス15、8、12、6、10, 5回の6セット
ダンベルフライ15、8、12、6、10、5回の6セット
インクラインダンベルプレス15、8、12、6、10、5回の6セット
マシンチェストプレス15、8、12、6、10、5回の6セット
マシンフロントプレス15、8、12、6、10、5回の6セット

スティッフレッグデッドリフト8回 4セット
ライングレッグカール8回 4セット
スタンディングレッグカール8回 4セット
バーベルスクワット8回 4セット
レッグエクステンション8回 4セット
ハックスクワット8回 4セット
シーテッドカーフレイズ8回 4セット
スタンディングカーフレイズ8回 4セット

背中

懸垂15,8,12,6,10,5回の6セット
ベントオーバーロウイング15,8,12,6,10,5回の6セット
リバースグリップラットプルダウン15,8,12,6,10,5回の6セット
マシンロウイング15,8,12,6,10,5回の6セット

シーテッドダンベルプレス 15回 4セット
オルタナティブダンベルフロントレイズ15回 4セット
シーテッドダンベルサイドラテラルレイズ15回 4セット
ケーブルリアラテラルレイズ15回 4セット
EZバーアップライトロー15回 4セット

フレンチプレス 15回 4セット
ダンベルトライセプスキックバック15回 4セット
プッシュダウン 15回 4セット
バーベルカール 15回 5セット
ダンベルカール 15回 5セット
プリチャーカール 15回 5セット

クランチ(ダンベルで荷重)15回 4セット
マシンクランチ 15レップ 4セット
バランスボールを使ったクランチ15回 4セット
Roelly Winklaar Is Out of 2020 Arnold Classic - BarBend

食事

ローリーの実際の食事メニュー例は以下の通りです。

1食目オートミール75g、ナッツ、ホエイプロテイン
2食目卵白10個 じゃがいも2個 ブロッコリー
3食目魚300g 白米 野菜
4食目ミールリプレイスメントシェイク
5食目鶏肉200g 野菜
6食目プロテインシェイク オートミール75g バナナ1本

低脂質な食事を意識しつつもナッツなどで良質な油を摂り、タンパク質、炭水化物もしっかり摂っているようですね。

Roelly Winklaar Wallpapers - Wallpaper Cave

まとめ

ローリーにとって2020年は非常に厳しい年でした。

特別招待選手として出場が決まっていたMrオリンピアには、新型コロナウイルスに感染してしまったため欠場。

それどころか、ジムも閉鎖されて満足にトレーニングを行えず、持ち前の筋量もかなり落としてしまっているようです。

2021年、ローリーは44歳。

ボディビルダーとしては若くはありませんが、かといって引退にはまだ早く、彼ははまだまだ成長の過程にいます。

今後の活躍に期待していきたいですね!

以上、『ローリー・ウィンクラーのすべて【The Beast】』でした!

タイトルとURLをコピーしました