Mrオリンピア2020結果まとめ!【メンズフィジーク】

大会情報

年に一度の、筋肉の・筋肉による・筋肉のための祭典、Mrオリンピア。

今年は新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれていましたが、最終的に延期で開催され、

12月17日~20日

に今年のフットネス界の頂点が決定しました。

今年も熾烈な争いが繰り広げられ、熱狂の渦を巻き起こしたMrオリンピア。

ということで今回の記事では

メンズフィジーク

の結果について紹介していきます!

日本でも高い人気を誇り、注目度も高かったこのカテゴリーは一体どんな結果になったのか、見ていきましょう!

  1. 1位:ブランドン・ヘンドリクソン(Brandon Hendrickson)
  2. 2位:レイモント・エドモンズ(Raymont Edmonds)
  3. 3位:カイロン・ホールデン(Kyron Holden)
  4. 4位:ジェレミー・ポトビン(Jeremy Potvin)
  5. 5位:アンドレイ・マリウス・リンカン(Andrei Marius Lincan)
  6. 6位:アンドレ・ファーガソン(Andre Ferguson)
  7. 7位:カルロス・デオリベイラ(Carlos DeOliveira)
  8. 8位:ライアン・テリー(Ryan Terry)
  9. 9位:ロドリゲ・チェスニェ(Rodrigue Chesnier)
  10. 10位:アンソニー・ギルクス(Anthony Gilkes)
  11. 11位:ジョージ・ブラウン(George Brown)
  12. 12位:チャルジョ・グラント(Charjo Grant)
  13. 13位:ダニエル・アモンズ(Daniel Ammons)
  14. 14位:スティーブン・カオ(Steven Cao)
  15. 15位:ブーワン・チャウハン(Bhuwan Chauhan)
  16. 16位
    1. アウンダー・ベンソン(Aundre Benson)
    2. ヤセル・フェルナンド・チャラ・ブランドン(Yasser Fernando Chala Blandon)
    3. スン・ホチェ(Seungho Chae)
    4. ボン・ソク・チェ(Bong Seok Choi)
    5. リカルド・クロチ(Riccardo Croci)
    6. イスマエル・ドミンゲス(Ismael Dominguez)
    7. キャム・ハリス(Cam Harris)
    8. ジェイソン・フイン(Jason Huynh)
    9. キム・ミンス(Min Su Kim)
    10. クラレンス・マクスパデン(Clarence McSpadden)
    11. コーリー・モリス(Corey Morris)
    12. スタン・モリソン(Stan Morrison)
    13. カリ・クワルティ(Khali Quartey)
    14. アーヤ・サフィー(Arya Saffaie)
    15. ラショーン・ワトソン(Rashaud Watson)
    16. フランク・ウォーリー(Frank Worley)
  17. まとめ

1位:ブランドン・ヘンドリクソン(Brandon Hendrickson)

優勝はこの人、ブランドン・ヘンドリクソン!

2018年のチャンピオンが、1年ぶりに王座を奪還しました。

大会前は

バルクをつけすぎて原点対象になるのでは?

という不安の声もありましたが、ふたを開けてみればバランスは抜群。

まさに

誰が見てもかっこいい身体

を持ってきて、2度目のオリンピア制覇です。

2位:レイモント・エドモンズ(Raymont Edmonds)

前回大会覇者のレイモント・エドモンズは惜しくも連覇ならず、2位になりました。

とはいえ高身長と長い手足を持ち、立っているだけで様になるかっこよさは健在。

上位2選手はどちらが勝ってもおかしくないハイレベルな戦いでした。

3位:カイロン・ホールデン(Kyron Holden)

カイロン・ホールデンは昨年に引き続き3位。

細いウエストからの丸まるとした筋肉と抜群のバルク。

安定の完成度でトップ3入賞です。

4位:ジェレミー・ポトビン(Jeremy Potvin)

日本でも人気の高いジェレミー・ポトビンは4位に入賞。

2018年大会には10位という結果まで落ち込み、昨年はオリンピアには出場していなかったポトビンですが、見事トップ4に入ってカムバック。

自身最高の3位は超えられませんでしたが、完全復活を果たしました。

5位:アンドレイ・マリウス・リンカン(Andrei Marius Lincan)

ソーシャルメディアでも大人気のアンドレ・ディウことアンドレイ・マリウス・リンカンがトップ5にランクイン。

初のオリンピアにして大躍進です。

まだまだ若く今後の活躍にも期待できる選手です。

6位:アンドレ・ファーガソン(Andre Ferguson)

アンドレ・ファーガソンの結果には驚いた方も多いのではないでしょうか?

前回ほ2位につけ、今回も優勝候補筆頭だったアンドレですが、6位という結果にとどまってしまいました。

7位:カルロス・デオリベイラ(Carlos DeOliveira)

これぞフィジーク !

と言ったような身体を持つカルロス・デオリベイラ。

前回の6位からひとつ順位を落として7位にランクインです。

8位:ライアン・テリー(Ryan Terry)

日本でも大人気のライアン・テリー。

6回目となる今回のオリンピアは8位てフィニッシュしました。

9位:ロドリゲ・チェスニェ(Rodrigue Chesnier)

フランス人のロドリゲ・チェスニェは9位入賞。

オリンピア初出場にして躍進しました。

10位:アンソニー・ギルクス(Anthony Gilkes)

アンソニー・ギルクスは昨年の7位から少し順位を落として10位でフィニッシュ。

11位:ジョージ・ブラウン(George Brown)

6年連続でのオリンピア出場を遂げたジョージ・ブラウン。

今回は11位でした。

12位:チャルジョ・グラント(Charjo Grant)

アメリカ出身のチャルジョ・グラント。

初めてのオリンピアは12位となりました。

13位:ダニエル・アモンズ(Daniel Ammons)

2度目のオリンピア挑戦だったダニエル・アモンズは13位でした。

14位:スティーブン・カオ(Steven Cao)

ソーシャルメディアでも人気を誇るアジア系アメリカ人のスティーブン・カオ。

初めてのオリンピアは14位となりました。

15位:ブーワン・チャウハン(Bhuwan Chauhan)

インド人初のプロフィジーク 選手のブーワン・チャウハン。

昨年の16位から1つ順位を上げました。

16位

アウンダー・ベンソン(Aundre Benson)

ヤセル・フェルナンド・チャラ・ブランドン(Yasser Fernando Chala Blandon)

スン・ホチェ(Seungho Chae)

ボン・ソク・チェ(Bong Seok Choi)

リカルド・クロチ(Riccardo Croci)

イスマエル・ドミンゲス(Ismael Dominguez)

キャム・ハリス(Cam Harris)

ジェイソン・フイン(Jason Huynh)

キム・ミンス(Min Su Kim)

クラレンス・マクスパデン(Clarence McSpadden)

コーリー・モリス(Corey Morris)

スタン・モリソン(Stan Morrison)

カリ・クワルティ(Khali Quartey)

アーヤ・サフィー(Arya Saffaie)

ラショーン・ワトソン(Rashaud Watson)

フランク・ウォーリー(Frank Worley)

まとめ

2020Mr.オリンピア、メンズフィジーク 部門の結果をシェアしてきました。

今年も世界の頂点を決めるに相応しい闘いが繰り広げられましたね。

やっぱりオリンピアは最高です!

タイトルとURLをコピーしました