Mrオリンピア2020出場選手まとめ【メンズフィジーク】

大会情報

筋肉の・筋肉による・筋肉のための祭典、Mrオリンピア。

今年は新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれていましたが、最終的に延期での開催が決定し、

12月17日~20日

に今年の世界の頂点が決定します。

ということで、直前にせまったオリンピアをさらに楽しむため、

2020年Mrオリンピア全出場選手

を紹介していきたいと思います。

数多くのカテゴリーで開催されるオリンピアですが、今回の記事では

メンズフィジーク

という、「ビーチが似合うかっこいい男」を決定するクラスでの出場が確定している選手について紹介していきます。

  1. ダニエル・アンモンズ(Daniel Ammons)
  2. アウンダー・ベンソン(Aundre Benson)
  3. ヤセル・フェルナンド・チャラ・ブランドン(Yasser Fernando Chala Blandon)
  4. ジョージ・ブラウン(George Brown)
  5. スティーブン・カオ(Steven Cao)
  6. スン・ホチェ(Seungho Chae)
  7. ブーワン・チャウハン(Bhuwan Chauhan)
  8. ロドリゲ・チェスニエ(Rodrigue Chesnier)
  9. ボン・ソク・チェ(Bong Seok Choi)
  10. リカルド・クロチ(Riccardo Croci)
  11. カルロス・デオリベイラ(Carlos DeOliveira)
  12. ヨーセフ・ジョウディ(Youcef Djoudi)
  13. イスマエル・ドミンゲス(Ismael Dominguez)
  14. レイモント・エドモンズ(Raymont Edmonds)
  15. アンドレ・ファーガソン(Andre Ferguson)
  16. アンソニー・ギルクス(Anthony Gilkes)
  17. チャルジョ・グラント(Charjo Grant)
  18. キャム・ハリス(Cam Harris)
  19. ブランドン・ヘンドリクソン(Brandon Hendrickson)
  20. カイロン・ホールデン(Kyron Holden)
  21. ジェイソン・フイン(Jason Huynh)
  22. ライアン・ジョン-バプティスト(Ryan John-Baptiste)
  23. キム・ミンス(Min Su Kim)
  24. アンドレイ・マリウス・リンカン(Andrei Marius Lincan)
  25. ディアス・ルバンバ(Dias Lubamba)
  26. クラレンス・マクスパデン(Clarence McSpadden)
  27. コーリー・モリス(Corey Morris)
  28. スタン・モリソン(Stan Morrison)
  29. ジェレミー・ポトビン(Jeremy Potvin)
  30. カリ・クワルティ(Khali Quartey)
  31. アーヤ・サフィー(Arya Saffaie)
  32. カレド・シュウェイター(Khaled Shewaiter)
  33. ライアン・テリー(Ryan Terry)
  34. ラショー・ワトソン(Rashaud Watson)
  35. フランク・ウォーリー(Frank Worley)
  36. ロン・ウー(Long Wu)
  37. まとめ

ダニエル・アンモンズ(Daniel Ammons)

アメリカ出身のダニエル・アモンズ。

去年のオリンピアでは5位につけており、今年は2度目の挑戦です。

今年は「Southeast Texas Pro」で5位、「Optimum Classic Pro」では優勝しています。

アウンダー・ベンソン(Aundre Benson)

アメリカからはアウンダー・ベンソンも出場を決めています。

ヤセル・フェルナンド・チャラ・ブランドン(Yasser Fernando Chala Blandon)

コロンビアからはヤセル・フェルナンド・チャラ・ブランドン。

今年の大会は、「SHERU CLASSIC COLOMBIA PRO」で優勝し、「Arnold Classic」では6位につける実力派です。

ジョージ・ブラウン(George Brown)

日本でも知名度の高いアメリカ人選手、ジョージ・ブラウン。

今年で6年連続でオリンピア出場となり、最高順位は2016年の6位です。

スティーブン・カオ(Steven Cao)

アジア系アメリカ人のスティーブン・カオ選手。

インスタグラムやYouTube等でも人気を集める期待の若手です。

オリンピアは今年が初出場。

今年の大会では、「Arnold Classic」で3位、「Border States」で2位、「Chicago Pro」で優勝しています。

スン・ホチェ(Seungho Chae)

Pin en Bodybuilder / Chae Seung Ho (채승호)

韓国でフィットネスモデルも務めるスン・ホチェ選手。

ブーワン・チャウハン(Bhuwan Chauhan)

インド出身のブーワン・チャウハン。

「Border States Pro」で優勝して出場権を獲得しました。

昨年のオリンピア16位に引き続き、今年で2回目の出場です。

ロドリゲ・チェスニエ(Rodrigue Chesnier)

フランスからはロドリゲ・チェスニエ。

オリンピア初出場の彼は、今年は「Wasatch Warrior Pro」で8位、「Optimum Classic Pro」で優勝、「New York Pro」で2位という好成績を収めています。

ボン・ソク・チェ(Bong Seok Choi)

Bank Seok Choi: Athlete Profile | Arnold Sports Festival

日本で開催された「Japan Pre」では5位に入賞した韓国人選手のボン・ソク・チェも出場を確定させています。

リカルド・クロチ(Riccardo Croci)

イタリアからはリカルド・クロチが出場を決めています。

カルロス・デオリベイラ(Carlos DeOliveira)

2019年には6位に入賞したブラジル人選手、カルロス・デオリベイラ。

昨年に引き続き2回目のオリンピアです。

今年は「Arnold Classic」で5位入賞、「MuscleContest Brazil Pro」では優勝をしています。

ヨーセフ・ジョウディ(Youcef Djoudi)

アルジェリアからはヨーセフ・ジョウディ選手。

オリンピアには今年が初出場です。

イスマエル・ドミンゲス(Ismael Dominguez)

メキシコ人のイスマエル・ドミンゲス。

2018年のオリンピアでは16位に入賞しました。

今年は2回目の挑戦です。

レイモント・エドモンズ(Raymont Edmonds)

前回のオリンピアを制したディフェンディングチャンピオン、レイモント・エドモンズ。

今回も王座を守り連覇することができるのか注目です。

アンドレ・ファーガソン(Andre Ferguson)

昨年2位の実力派アメリカ人、アンドレ・ファーガソン。

2018年から「Arnold Classic」で3連覇を果たすなど勢いは充分で、優勝候補の一角です。

アンソニー・ギルクス(Anthony Gilkes)

アメリカ人のアンソニー・ギルクス選手。

昨年のオリンピアは7位でした。

2020年は「Tampa Pro」で2位、「Southeast Texas Pro」と「New York Pro」で4位につけています。

チャルジョ・グラント(Charjo Grant)

アメリカ出身のチャルジョ・グラントは今年がオリンピア初挑戦。

「Chicago Pro」と「Battle In The Desert Pro」で2位に入賞するなど好成績を収めています。

キャム・ハリス(Cam Harris)

アメリカ出身のキャム・ハリス選手も出場を確定させています。

ブランドン・ヘンドリクソン(Brandon Hendrickson)

2018年のオリンピア王者、ブランドン・ヘンドリクソン選手。

昨年は4位と順位を落としてしまいましたが、今年は王座を奪還できるのか注目しましょう。

カイロン・ホールデン(Kyron Holden)

アメリカ出身のカイロン・ホールデン選手。

2017年から徐々に順位を上げてきており、2019年には3位に入賞しています。

彼も優勝候補の一角です。

ジェイソン・フイン(Jason Huynh)

アメリカ人のジェイソン・フイン選手も出場を決めています。

ライアン・ジョン-バプティスト(Ryan John-Baptiste)

イギリス人のライアン・ジョン-バプティスト。

2016年に11位に入賞して以来、久々のオリンピアです。

キム・ミンス(Min Su Kim)

韓国人のキム・ミンス選手。

今年がオリンピア初出場です。

アンドレイ・マリウス・リンカン(Andrei Marius Lincan)

ルーマニアからはアンドレイ・マリウス・リンカン(アンドレイ・ディウ)選手。

インスタグラムなどで大人気を誇る新進気鋭の若手です。

ディアス・ルバンバ(Dias Lubamba)

Ronnie.cz - Dias Lubamba

フランス出身のディアス・ルバンバ選手。

クラレンス・マクスパデン(Clarence McSpadden)

アメリカ人のクラレンス・マクスパデン。

今年がMrオリンピア初出場。

2020年には「Optimum Classic Pro」で3位、「Battle In The Desert Pro」で4位、「New York Pro」で5位と好成績を収めています。

コーリー・モリス(Corey Morris)

アメリカ出身のコーリー・モリス選手。

昨年の16位入賞に引き続き2回目のオリンピアです。

スタン・モリソン(Stan Morrison)

Stan Morrison - The Fit Expo

2018年には16位に入賞したアメリカ人選手、スタン・モリソン。

2回目のオリンピア挑戦です。

ジェレミー・ポトビン(Jeremy Potvin)

日本でも知名度の高いジェレミー・ポトビン選手。

今回が4回目のオリンピアで、2016年には3位に食い込んでいます。

カリ・クワルティ(Khali Quartey)

アメリカ人のカリ・クワルティ選手。

2018年に16位に入賞して以来、2回目のオリンピアです。

アーヤ・サフィー(Arya Saffaie)

アメリカ人のアーヤ・サフィー選手は今回が5回目のオリンピアです。

今年は「Southeast Texas Pro」で3位、「Optimum Classic Pro」で2位、「New York Pro」で優勝と勢いをつけてきています。

カレド・シュウェイター(Khaled Shewaiter)

クウェートからはカレド・シュウェイター選手が出場します。

ライアン・テリー(Ryan Terry)

日本でも大人気のイギリス人選手、ライアン・テリー。

2015年から出場し続け、今年で6回目のオリンピアです。

最高順位は2016年の2位。

今年もトップ争いに食い込むことは間違いないでしょう。

ラショー・ワトソン(Rashaud Watson)

オリンピア初出場のアメリカ人選手、ラショー・ワトソン。

今年は「Tampa Pro」と「New York Pro」で3位、「Southeast Texas Pro」で2位と調子を上げてきています。

フランク・ウォーリー(Frank Worley)

Frank Worley: Athlete Profile | Arnold Sports Festival

アメリカ人のフランク・ウォーリー選手は今年がオリンピア初挑戦です。

今シーズンは「Chicago Pro」で7位、「Wasatch Warrior」で2位に付けています。

ロン・ウー(Long Wu)

中国からはロン・ウー選手。

2017年、2018年に引き続き3回目のオリンピアです。

まとめ

以上36人の選手が今年のMrオリンピアに出場を決めています。

日本でも大人気で勢い盛んなカテゴリー、メンズフィジーク。

今年はどんな戦いが繰り広げられるのか楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました