リーガン・グライムズってどんな人?【期待の若手ボディビルダー】

選手紹介

今回の記事では、リーガン・グライムズというボディビルダーを紹介します。

リーガンは新進気鋭の若手ビルダーで、インスタグラムのフォロワーは150万人を超える人気を誇っています。

最近では2019年の「Japan Pro」で3位に入賞したこともあり、日本でも人気が広がっています。

そんな彼はいったいどんな人物なのでしょうか?

経歴やトレーニング、食事内容などをチェックしていきましょう!

プロフィール

本名:リーガン・グライムズ(Regan Grimes)
出身:カナダ
生年月日:1993年6月26日
身長:180cm
体重:113-127kg
胸囲:125.7cm
上腕:45.7cm
ウエスト:78.7cm
大腿:71.1cm
カーフ:45.7cm

経歴

トレーニングとの出会い

リーガン・グライムズはカナダで生まれ育ちました。

いまでこそ世代を代表するようなボディビルダーになった彼ですが、幼いころからボディビルダーを目指していたわけではありません。

彼が初めてボディビルに興味を抱いたのは17歳のときでした。

それからというものどんどんボディビルの魅力にはまっていき、ほとんど毎日トレーニングしていたそうです。

ハードなトレーニングと恵まれた遺伝子のおかげで、トレーニングを始めてわずか1年でリーガンの身体はとんでもなく成長していきます。

ただ、この時はまだ自分がボディビルダーになるなんて思ってもおらず、

とにかく筋肉をつけて身体のサイズを大きくしたい

という気持ちだったそうです。

Regan Grimes | Profile | Bio | Stats

プロへ

リーガン・グライムズは18歳のころから大会にも出場するようになりました。

2016年には「Arnold Classic Brazil」で優勝し、22歳という若さでプロの世界に足を踏み入れます。

プロ入り直後はオープンボディビルで活躍していましたが1度クラシックフィジークに転向し、現在はふたたびオープンボディビルに主戦場を戻しています

現在

まだ20代中盤と若く、実力も才能も申し分ないリーガン・グライムズ。

プロのボディビルダーとして活動するだけでなく、「Regan Grimes Apparel」という自信のアパレルブランドを展開したり、「FlexPlex」というフィットネスセンターを開いたり、最近ではYouTubeを開設するなど、多岐にわたって活躍しています。

ボディビル界の未来を担う彼の今後にも期待していきましょう。

Regan Grimes Recommended Supplements – Primeval Labs

大会成績

  • 2020 Olympia 14位
  • 2020 British Grand Prix Pro 2位
  • 2020 Europa Pro 4位
  • 2019 Japan Pro 3位
  • 2019 Romania Muscle Fest Pro 3位
  • 2018 Olympia Classic Physique 8位
  • 2018 New York Pro Men’s Classic Physique 1位
  • 2017 Vancouver Pro, IFBB Men’s Bodybuilding 2位
  • 2017 Wings of Strength Chicago Pro 5位
  • 2017 Tampa Pro 5位
  • 2016 Arnold Classic Brazil 1位(プロカード取得)
  • 2014 Ontario Provincials 2位
  • 2014 Mississauga Luchka O’Brien Classic 1位
  • 2012 Ultimate Fitness Events Bodybuilding Contest 1位
Regan Grimes | Profile | Bio | Stats

トレーニング

若くしてトップビルダーとして活躍するリーガン・グライムズはどんなトレーニングをしているのでしょうか?

彼のトレーニング例を紹介していきます。

ケーブルフライ ウォームアップ5セット(60%の力で)
インクラインマシンプレス 8-12回5セット
ニュートラルプレス 8-12回5セット
ダンベルプレス 8-12回5セット
ケーブルクロスオーバー 8-12回5セット
ケーブルクロスオーバー(ベンチ上で) 8-12回5セット

背中

リバースグリップラットプルダウン 8-12回4セット
ダンベルロウ 8-12回4セット
マシンTバーロウ 8-10回4セット
クローズグリップケーブルロウ 8-12回4セット
シーテッドロウ 8-12回4セット
スミスマシンデッドリフト 8-12回4セット
クローズグリップラットプルダウン 15回4セット

ダンベルショルダープレス 12回4セット
ライイングケーブルラテラルレイズ 12回4セット
ダンベルフロントレイズ 12回4セット
リバースマシンペックデック 10-15回4セット
ダンベルラテラルレイズ 10回4セット
ケーブルフロントレイズ 10回4セット

ライイングレッグカール 8-12回4セット
レッグプレス 8-12回5セット
スミスマシンフロントスクワット 12-15回4セット
シーテッドレッグエクステンション 12-15回4セット
シングルレッグカール 10-12回4セット
スミスマシンスティフレッグデッドリフト 12-15回4セット

ロープトライセプスプルダウン 10-15回4セット
ディップス 8-10回4セット
クローズグリップベンチプレス 10-12回4セット
EZバースカルクラッシャー 12-15回4セット
ベントオーバーケーブルプッシュダウン 12-15回4セット
EZバープリーチャーカール 12-15回4セット
オルタネイトダンベルカール 10-12回4セット
スタンディングバーベルカール 12-15回4セット
マシンプリーチャーカール 12-15回4セット
Regan Grimesによるトリプルスレットアームトレーニング

食事

リーガン・グライムズの増量期の食事例は以下の通りです。

1食目七面鳥のひき肉227g、白米2カップ、りんご1個、フルーツジュース227g
2食目ハンバーガー、フライドポテト、ストロベリーミルクシェイク
3食目赤身の牛肉227g、パスタ5カップ、パスタソース2カップ、バナナ1本、フルーツ4ジュース227g
5食目照り焼きチキン、白米、パンケーキ
6食目赤身の牛肉227g、パスタ5カップ、パスタソース2カップ、バナナ1本、フルーツジュース227g
7食目プロテイン2杯、ココア小石(お菓子)120g
Regan Grimes | Age • Height • Weight • Images • Bio • Diet • Workout |  Bodybuilding workouts, Body goals motivation, Bodybuilding motivation

まとめ

ボディビルの将来をになう若き才能、リーガン・グライムズについて紹介してきました。

彼の今後の活躍にも注目必須です!

以上、『リーガン・グライムズってどんな人?【期待の若手ボディビルダー】』でした!

タイトルとURLをコピーしました