【筋トレ】効率よく腹筋を割るための3つのコツとは?

筋トレ

筋トレといえばバキバキに割れた腹筋

というイメージを持っている方は多いと思います。

美しく鍛え上げられたきれいなシックスパックには、トレーニングに親しむ人なら誰しもが一度はあこがれたことがあるでしょう。

ですが、実際にトレーニングをやってみると痛いほど実感しますが、割れた腹筋を作り上げるのは実はけっこうたいへん。

なかなか思った通りの成果が得られず、多くの人が道半ばであきらめてしまうのも事実です。

ということでこの記事では

腹筋を割ってかっこいい身体になりたい!

という方に向けて、

途中で挫折せずに腹筋を割るため、知っておきたい3つのコツ

について紹介していきます!

腹筋を割るためのコツとは?

バキバキに割れた腹筋を作り上げるために大切なことは一体何なのか?

僕の考えでは、本当に意識すべき大切なことはたった3つだけです。

それは

  • 体脂肪を落とす
  • しっかり筋トレする
  • 継続する

たったこれだけ。

どれも超基本的で真新しさはなく、「あたりまえ」のように感じるかもしれません。

が実はこのあたりまえのことができているかどうかが、バキバキの腹筋を手に入れられるかどうかを左右してくるんです。

では、一つずつ詳しく解説していきます!

Sixpacks ABS Info: 4 Abdominal Muscle You Should to Know!

体脂肪を落とす

「腹筋を割る」という表現の仕方はよく耳にしますし、実際にこの記事でもわかりやすさや親しみやすさを優先してよく使っています。

が、この表現の仕方が誤解の元になることもしばしば。

実は、人間の腹筋はもともと割れています。

腹筋は「多腹筋」という種類の筋肉で、そもそも最初から割れた構造をしているんです。

ではなぜ多くの人の腹筋が割れて見えないのかというと、答えは単純で

お腹の周りに脂肪がついて、腹筋を隠してしまっている

から。

この脂肪さえなくなってっしまえば腹筋が見えるようになり、割れて見えるわけです。

つまり、トレーニングして腹筋そものもを割るのではなく、

トレーニングして腹筋周りの脂肪が減った結果、腹筋が割れて見える

というのが正しい考え方なんです。

どんなにがんばって筋トレして腹筋を付けていっても、おなか回りの脂肪が落ちなければ腹筋は見えてきません。

キレイに割れた腹筋を手に入れるためには、筋肉をつけることだけでなく

脂肪を落とす

ことにも気を付ける必要があるんですね。

具体的には

  • 食事を見直して摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくする
  • 適度な有酸素運動を取り入れる

などの方法が、体脂肪を落とすうえで効果的。

食事の考え方については以下の記事で詳しく解説しているのでぜひご覧ください!

しっかり筋トレをする

腹筋はもともと割れているため、脂肪を落とせば割れて見える

とは言いましたが、

迫力のある、きれいな腹筋を手に入れたい!

という場合、体脂肪を落とすだけでは少し物足りません。

より見えやすく、見栄えのする腹筋を手に入れるためには、筋トレをして腹筋そのものを大きくすることが欠かせません。

腹筋自体が大きくなると、筋肉のメリハリや腹筋の溝の深さが目立つようになります。

その結果、体脂肪を落とした時よりはっきりとした腹筋が見えてくるわけです。

また、筋トレによって体脂肪がエネルギーとして使われると、脂肪除去の効果が期待できることも筋トレのメリットのひとつです。

腹筋を割りたい場合、食事制限や有酸素運動だけではなく、筋トレにもしっかりと取り組んでいきましょう。

ここで注意すべきなのは

腹筋を割りたいからといって腹筋だけすればいいというわけではない

ということです。

実は、腹筋だけを鍛えるのは、腹筋を割る上ではあまり効率がよくありません。

腹筋は、スクワットやデッドリフトなど、腹筋以外の部位を狙ったトレーニングをするときにも、身体のバランスを保つために使われます。

スクワットなどのトレーニングは腹筋単体のトレーニングよりも消費カロリーが大きく、基礎代謝を上がるため、全身の体脂肪を落とすうえでより効果的です。

腹筋のトレーニングで腹筋自体も大きくし、同時にほかの部位のトレーニングも行うことによって、より効率よくかっこいい身体に近づけるわけです。

男なら一度くらい腹筋を割ろう⑥】 | 3RD Place Official Blog(三鷹・武蔵野フィットネスジム)

継続する

何事も結果はすぐにはついてきてくれません。

これは筋トレにも当てはまることで、

1カ月や2カ月頑張っても腹筋が見えてくる気配すらない

なんてことはよくあります。

ただ、そこであきらめてしまうかどうかが、腹筋の割れたかっこいい身体を手に入れられるかどうかの分かれ道になります

筋トレも食事管理も、短期的に見れば効果が薄いように感じるかもしれませんが、継続することで最大限に効果が発揮されます。

すぐに結果を求めるのではなく、数カ月~1年くらいを目安に、コツコツ自分のペースで頑張るようにしましょう。

The best abdominal muscle exercises for a spectacular result - BioTechUSA

まとめ

腹筋を割るために大切な考え方について紹介してきました。

革新的で目新しいものではないかもしれませんが、この3つの考え方はどれもとても基本的で超大切なものになってきます。

すぐに結果を出すことは難しいかもしれませんが、未来の自分の身体を想像してモチベーションを高めながら頑張っていきましょう!

以上、『【筋トレ】効率よく腹筋を割るための3つのコツとは?』でした!

タイトルとURLをコピーしました