筋トレで自信がつくってホント??【メンタルも成長します】

雑記

「筋トレで自信がついて人生が変わった!」

なんてことを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

あらゆることを解決してくれる最強のメソッドのように謳われることも多い筋トレですが、

ほんまかいな

と疑問を持つこともあるでしょう。

ということで今回の記事では

筋トレをすると自信がつくというのは本当かどうか

について見ていきたいと思います!

結論:筋トレで自信はマジでつく

結論からいうと、僕個人の意見としては「筋トレをすると自信がつく」というのは大マジです。

こればっかりは実際に筋トレをして確認してみてほしい。

言葉で言ってもいまいち伝わらないとは思いますが、人生が変わるとまではいかなくても、

筋トレをすると自信がついて自分が見ている世界が変わる

というのは本当のことだと思います。

壁紙、3840x2160、ボディビル、男性、ネズミ、腹、美しい、スポーツ、ダウンロード、写真

筋トレで自信がつくのはなぜ??

では、筋トレをするとなぜ自信がつくのでしょうか?

その主な理由は

  • 成功体験が得られる
  • テストステロンが分泌される
  • 周囲の評価が変わる
  • QOLが向上する

といった感じ。

感覚だけの話ではなく、筋トレと自信の間にはしっかりとした根拠があるわけです。

では、ひとつづつ解説していきます!

成功体験が得られる

自信の源は何か?

それはずばり、成功体験です。

「自分はやればできるんだ」
「がんばれば成長できる」

こういった気持ちを実感していくことで、少しずつ自信が身についていくんです。

筋トレで得られるのが、まさにこの成功体験。

例えば、

50kgしか挙げられなかったベンチプレスで69kgが挙げられるようになった

という成長は数値ではっきりわかりますし、

少し筋肉がついてTシャツがきつくなった

といった変化があれば、見た目でも成長を実感できます。

他人と競争して勝つということは自分の力だけではどうしようもないこともありますが、筋トレは基本的に自分との闘い

継続することで、少しずつ過去の自分に打ち勝ち、成功体験を積みあげることができるんです。

このように筋トレを通して得た成功体験が

自分はやればできる

というメンタリティにつながり、自信の源になるわけです。

テストスレトンが分泌される

精神的な面だけではなく、化学的な観点からも自信につながるのが筋トレのいいところ。

その元にあるのが

テストステロン

という、トレーニーにはおなじみの男性ホルモンです。

テストステロンには、筋肥大効果はもちろんのこと、ドーパミンという神経伝達物質の分泌を促す作用があり、

  • 精神の安定
  • やる気の向上
  • 活力の向上

などにつながります。

そんなテストステロン、筋トレによって身体に刺激を与えることでも分泌が促進されますが、実は筋肉そのものからも分泌されているんです。

つまり、筋トレをすれば

筋トレする
  ↓
テストステロン分泌
  ↓
筋肥大・やる気の向上
  ↓
さらにテストステロン分泌

といったように、好循環をつくることができるわけです。

ちょっとしたコツで大胸筋にガッツリ効く!腕立て伏せ

周囲の評価が変わる

自信とはすなわち、自分に対する自己評価のこと。

そんな自信には、自分が自分のことをどう思っているかが大切になってくるのはもちろんのこと、

周囲の人が自分をどう評価しているのか

も否応なく関与してきます。

周囲から高い評価を受けている方が自分に対する自己評価も高くなることはイメージしやすいですね。

この周囲からの評価を高めるという点でも一役買ってくれるのが筋トレ。

トレーニングを継続して

  • 腕が太くなる
  • 胸板が厚くなる
  • 腹筋が割れてくる
  • 身体が引き締まってくる

などの変化が出てくると、周りの人の反応も変わります。

身体を褒められることが増えたり、筋肉があることで力仕事で頼りにされたりする機会が増えると、周囲からの評価が高くなっていることを実感しやすく、自分に対する自己評価にもプラスの影響がでてきます。

QOLが向上する

QOL(Quality of Life、人生の充実度)も自信に直結します。

何となく生きているより、何かに熱中している方が人生を楽しめるし、充実した生活は自己肯定感や自信にもいい影響を与えます。

また、何かに一生懸命になっている姿はかっこよく、周囲の評価も上がるでしょう。

さらに、なにか熱中できるものがると、

  • 気分が下がったとき
  • 仕事や学業で失敗したとき

などの心の支えにもなり、メンタルがぶれることも少なくなります。

筋トレは、そんな熱中できるなにかとして超優秀。

少しのやる気があれば継続でき、成長が目に見える筋トレは人生を充実させ、心の余裕や自信を生み出す趣味として最適です。

逞しい背中へ】僧帽筋の鍛え方10選|自重やジムマシン使用のタイプ別!首から肩にかけての筋肉強化&肩こり解消できるメニュー | neutral.

筋トレしても自信がつかない原因は?

とまあこんな風に、さまざまな観点から自信につながる筋トレですが、

実際に筋トレしてみたけど、自信が出なかった

という方もいるのではないでしょうか?

その原因は、すばり

継続できていない

ということです。

成功体験の積み上げにせよ周囲からの評価にせよ、筋トレによって自信を得るためになによりもまず大切なのは

ある程度の成果を出す

ということ。

そのためにはそれなりの期間トレーニングを継続するのは必須です。

1回や2回筋トレしただけでは身体に変化は出てこないし、自分はできるという感覚が身につくことも、身体が変わってきたねと周りの人に気づかれることもありません。

そんなに簡単に筋肉が付けば、今頃世の中はマッチョであふれかえっています。

筋トレで自信がつくといっても、一朝一夕で簡単にいくわけではないということですね。

ではどれくらいの期間継続すればいいのかというと、個人的には半年から1年は見積もっておくのが良いと思っています。

一般的に、自分で筋トレの成果に気づき出すのが2~3カ月、周囲に気づかれるまでには半年程度かかるとされています。

このことを考慮すると、筋トレで自信をつけるには

半年以上の長期的なスパンで考える

というのが大切です。

あせらずゆっくりやっていきましょう。

あっという間に腹筋を割るための6つの約束|【SPAIA】スパイア

【超個人的意見】筋トレするとモテるってほんと??

ちなみに、よく

筋トレするとモテるようになる

と言われますが、これは本当なのでしょうか??

結論からいうと、モテるようになる人がいるというのはマジです。

筋トレする
  ↓
自信がつく
  ↓
行動力や積極性が身につく
  ↓
出会いの機会が増えてモテる

という好循環に入ってしまえば、まあモテるようになる可能性は大いにあります。

要は、

筋トレで自信がついたあと、行動に移せるかどうか

がポイントなわけです。

また、筋肉好きの女性も一定数いるので、筋トレ男子にはある程度の需要はありそうです。

が、筋トレ=モテるというのは大きな間違い。

僕の場合は

筋トレにドはまりする
   ↓
食事にも気を使い出す
   ↓
女の子とごはんに行くことが一切なくなる
   ↓
「筋肉にしか興味のない変態」というレッテルを貼られる

と言った感じで、

ただのモテない人
   ↓
筋肉だけはあるモテない変態

までランクダウンしてしまいました。

個人的には、筋トレに過度な期待を抱くのはおすすめしません(笑)。

肩の筋トレ!三角筋の前部・中部・後部の鍛え方とメニューを紹介 | 筋肉総合NO.1/筋トレするならマッスルホールディングス | Muscle HD

まとめ

筋トレで自信がつくとうのは本当かどうか

についてお話してきました。

個人的には、筋トレで自信がつくのがマジだと思っています。

筋トレは自己評価、周囲からの評価の向上にもつながり、人生の充実度を上げてくれる最高の趣味。

ただ、モテるかどうかはまた別の話なので注意しましょう(笑)。

以上、『筋トレで自信がつくってホント??【メンタルも成長します】』でした!

タイトルとURLをコピーしました