ケビン・レブローニってどんな人?【無冠の帝王】

選手紹介

今回の記事では、ボディビルダー、ケビン・レブローニについて紹介していきます!

Mrオリンピアでの優勝経験はないものの、多くの大会で好成績を収め、絶大な人気を誇るボディビルダー、ケビン・レブローニ。

日本では、人気漫画『刃牙』シリーズのキャラクター、列海王の肉体のモデルになったことでも有名です。

そんなケビンはいったいどんな人物なのか、チェックしていきましょう!

プロフィール

本名:ケビン・マーク・レブローニ(Kevin Mark Levrone)
出身:アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア
愛称:メリーランドマッスルマシン
生年月日:1964年7月16日
身長:180cm
体重:102-106kg
胸囲:144cm
上腕:60cm
ウエスト:73cm
大腿:81cm
カーフ:48cm

経歴

生い立ち

ケビンはアメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアに生まれました。

両親を6人の兄弟に囲まれ幸せに暮らしていた小学生のケビンに、突然悲劇が襲います。

当時7歳だったケビンを残し、父親ががんで亡くなってしまったのです。

高校生になったケビンを、再び悲劇が襲います。

彼の母親もがんでこの世を旅立ってしまいます

大切な人を立て続けにがんで亡くしたケビンは、深いショックを受けるとともに、

「次は自分ががんで死ぬかもしれない」

という恐怖に取りつかれるようになります。

恐怖にさいなまれる生活をおくっていたケビンは、ショックから立ち直るためにウエイトトレーニングを始めます。

そんなある日、彼は軍隊から帰ってきた従兄弟に再開します。

軍隊での厳しいトレーニングを経験し、たくましい肉体を手に入れていた従兄弟を見て、

もっと強くなりたい

と思うようになったケビンは、どんどん筋トレにのめりこんでいき、ついにはボディビルを始めようと決意します。

筋トレにのめりこんでいったケビンはみるみるうちに成長し、地元の大会にも出場するようになります。

そして、アマチュアボディビル界で最高峰の大会『NPC Nationals』で優勝を果たし、ついにプロのボディビルダーとなりました

「kevin levrone」の画像検索結果

プロ生活

プロとなってもケビンの勢いは全く衰えず、数々の大会ですばらしい結果を残していきます。

1992年には、世界最高峰の大会であるMrオリンピアで2位にまで昇り詰めるなど、トップビルダーとしてボディビル界をけん引します。

しかし、そんな活躍のなか、大胸筋を断裂するという大けがを経験します。

このケガの手術は2回にわたって行われ、1回目の手術は8時間以上にも及ぶ大手術だったそうです。

この大けがを乗り越えて見事に復帰を果たしたケビンは、その後も多くの大会に出場し、好成績を収めていきました。

無冠の帝王

プロのボディビルダーとして、計23回もの優勝を経験したケビン。

人気・実力ともに申し分なく、時代を代表するボディビルダーだった彼ですが、Mrオリンピアだけはどうしても優勝することができませんでした

そこから、『無冠の帝王』というニックネームも生まれました。

Kevin Levrone - Facts, Bio, Career, Net Worth | AidWiki

引退・復帰

ケビンは2003年の『Strengths Pro Championship』という大会を機に、ボディビルの大会からは遠ざかります。

ただ、正式に引退を表明したわけではなく、

「ボディビル以外のことにも挑戦したい」

とのことで、俳優業にいそしんだり、テニスやゴルフを楽しんだりと、さまざまなことに挑戦していきました。

そんな状況が10年以上続き、

「ケビン・レブローニは事実上引退した」

と誰しもが思っていました。

しかし、2016年、彼がオリンピアに復帰するというニュースが発表され、大きな話題を呼びます。

そして来る2016年Mrオリンピア、ケビンは51歳という年齢にもかかわらず見事17位に入賞

その努力と健闘を称え、多くのファンが彼を『真の王者』と称賛しました。

通算13度もMrオリンピアに出場し、4度も2位に入賞するなど偉大な成績を残したケビン。

51歳にして見事に復帰を果たした彼ですが、2018年のアーノルドクラシックを最後に引退することを表明します。

結果は14人中13位でしたが、2年前のMrオリンピアよりも格段にいいコンディションを持ってきた彼には、大きな称賛が送られました。

「kevin levrone 2016」の画像検索結果

大会成績

1991 Junior Nationals – NPC, HeavyWeight, 2nd
1991 Nationals – NPC, HeavyWeight, 1st
1991 Nationals – NPC, Overall Winner
1992 Grand Prix Germany, 1st
1992 Grand Prix England, 2nd
1992 Chicago Pro Invitational, 3rd
1992 Night of Champions, 1st
1992 Mr. Olympia, 2nd
1993 Grand Prix France, 5th
1993 Grand Prix Finland, 2nd
1993 Grand Prix Spain, 3rd
1993 Grand Prix Germany, 1st
1993 Mr. Olympia, 5th
1993 Grand Prix England, 3nd[clarification needed]
1994 San Jose Pro Invitational, 1st
1994 Grand Prix France (2), 1st
1994 Grand Prix Italy, 1st
1994 Arnold Classic, 1st
1994 Mr. Olympia, 3rd
1994 Grand Prix Spain, 2nd
1994 Grand Prix Germany, 2nd
1994 Grand Prix England, 2nd
1995 Mr. Olympia, 2nd
1995 Grand Prix Spain, 1st
1995 Grand Prix Germany, 1st
1995 Grand Prix England, 2nd
1995 Grand Prix Russia, 1st
1996 San Jose Pro Invitational, 1st
1996 Arnold Classic, 1st
1996 San Francisco Pro Invitational, 1st
1996 Mr. Olympia, 3rd
1996 Grand Prix Spain, 3rd
1996 Grand Prix Germany, 4th
1996 Grand Prix England, 4th
1996 Grand Prix Czech Republic, 2nd
1996 Grand Prix Switzerland, 3rd
1996 Grand Prix Russia, 5th[clarification needed]
1997 Arnold Classic, 8th
1997 Mr. Olympia, 4th
1997 Grand Prix Hungary, 1st
1997 Grand Prix Spain, 1st
1997 Grand Prix Germany, 1st
1997 Grand Prix England, 1st
1997 Grand Prix Czech Republic, 1st
1997 Grand Prix Finland, 1st
1997 Grand Prix Russia, 2nd
1998 San Francisco Pro Invitational, 1st
1998 Toronto Pro Invitational, 2nd
1998 Night of Champions, 2nd
1998 Mr. Olympia, 4th
1998 Grand Prix Germany, 2nd
1998 Grand Prix Finland, 2nd
1999 Arnold Classic, 2nd
1999 Mr. Olympia, 4th
1999 World Pro Championships, 3rd
1999 Grand Prix England, 3rd
2000 Arnold Classic, 3rd
2000 Mr. Olympia, 2nd
2001 Mr. Olympia, 3rd
2001 Grand Prix England, 1st
2002 Arnold Classic, 5th
2002 Grand Prix Australia, 4th
2002 Mr. Olympia, 2nd
2003 Arnold Classic, 5th
2003 Mr. Olympia, 6th
2003 Show of Strengths Pro Championship, 3rd
2016 Mr. Olympia, 17th
2018 Arnold Classic Australia, 13th
Bodybuilding world have their say about Levrone's comeback - Evolution of  Bodybuilding

トレーニング

ケビンは、高重量低回数でのトレーニングを好み、トレーニングのボリュームを稼ぐため、時には10セットもトレーニングを行うこともあったそうです。

また、週に6回トレーニングし、1日はオフをとっていたようです。

では、ケビンの実際のトレーニングメニューをチェックしていきましょう。

胸・肩・上腕三頭筋

ベンチプレス 6-8回4セット
インクラインベンチプレス 6-8回4セット
チェストプレス 6-8回4セット
ケーブルクロスオーバー 8-12回4セット
ペックフライ 8-12回4セット
バーベルショルダープレス 6-8回4セット
ダンベルショルダープレス 6-8回4セット
フロントレイズ 8-12回4セット
サイドレイズ 8-12回4セット
リアレイズ 8-12回4セット
ナローベンチプレス 6-8回4セット
プッシュダウン 8-12回4セット
トライセプスエクステンション 6-8回4セット

脚・腹筋

レッグプレス 6-8回4セット
45度レッグプレス 6-8回4セット
レッグエクステンション 8-12回4セット
ハックスクワット 6-8回4セット
レッグカール 6-8回4セット6〜8回
ケーブルクランチ 8-12回4セット
レッグレイズ 8-12回4セット

背中・上腕二頭筋

ラットプルダウン 6-8回4セット
Tバーロウ 6-8回4セット
シーテッドロー 6-8回4セット
ハンマーストレングスハイロー 6-8回4セット
ハンマーストレングスラットプルダウン 6-8回4セット
バーベルカール 6-8回4セット
コンセントレーションカール 8-12回4セット
ケーブルカール 8-12回4セット
シーテッドダンベルカール 8-12回4セット
「kevin levrone」の画像検索結果

食事

ボディビルダーといえば厳しい食事管理ですが、ケビンはほかのボディビルダーとくらべてもかなり徹底的にストイックに食事管理をしていたそうです。

食事の量や回数だけでなく

加工食品を一切食べない

など、食べ物の質にもこだわりを持っていたようです。

また、サプリメントとしては、プロテインBCAAプレワークアウトサプリなどを摂っていたようです。

では、彼の実際の食事メニューを見ていきましょう。

1食目卵白10個、全卵2個。オートミール50g
2食目白米1合(150g)、魚340g
3食目白米1合(150g)、鶏むね肉340g
4食目白米1合(150g)、魚340g
5食目白米1合(150g)、魚340g
6食目卵白12個
「kevin levrone most muscular」の画像検索結果

まとめ

ボディビル黄金期を盛り上げた伝説のボディビルダー、ケビン・レブローニについて紹介してきました!

彼の筋トレや食事に対する考えや、何歳になっても挑戦し続ける姿勢はぜひとも見習いたいですね!

以上、『ケビン・レブローニってどんな人?【無冠の帝王】』でした!

タイトルとURLをコピーしました