ジェフ・シードのすべて【完璧なルックスを持つ男】

選手紹介

史上最年少でIFBBプロとなり、その鍛え上げられた肉体と端正なルックスから日本でも大人気のフィジーカー、ジェフ・シード

インスタグラムやYouTubeでインフルエンサーとしても有名で、さらにはフィットネスモデルも務めるなど、その活躍の場は多岐にわたっています。

この記事では、そんなジェフ・シードの生い立ちやトレーニング方法、食事について紹介していきます。

プロフィール

本名:ジェフ・シード(Jeff Seid)
出身:アメリカ合衆国ワシントン州レントン
生年月日:1994年6月12日
身長:183cm
体重:88.5-93kg

ちなみに彼のラストネーム「Seid」は「サイド」という発音が一番近いらしいのですが、日本では「シード」のほうが広まっているので、この記事でもシードと書くことにします。

経歴

生い立ち

ジェフ・シードは幼少期がらさまざまなスポーツに親しんでいました。

そんな彼がトレーニングに出会ったのは12歳のころ。

もともとアーノルド・シュワルツェネッガーにあこがれていたことや、「かっこいい身体になってモテたい」という気持ちがあったことなどもあり、両親に頼んで誕生日プレゼントとしてダンベルセットとトレーニングの本を買ってもらいました。

トレーニングに励みつつもスポーツにも精を出していたジェフ。

高校のころはアメフトやレスリングに打ち込み、オールアメリカに選抜されるほどの選手になっていました

奨学金で大学に入学できるほどの実力を持っていたジェフですが、ある時アメフトお試合で膝の前十字靭帯損傷という大けがを負ってしまいます。

このケガでのせいで奨学金で大学にいくという目標を失ってしまったジェフは、一時期はうつ病になるほど落ち込んでしまいます

フィジークとの出会い

手術後も膝の状態はすぐにはよくならず、ジェフの気持ちは次第にスポーツから遠ざかっていきます。

そんな中「落ち込んでいても仕方ない」と思い始めたジェフは、何か新しいことに挑戦しようと考えるようになります

そんな時にフィジークという競技のことを知ったジェフ。

12歳のころからトレーニングしていたこともあり可能性を感じたジェフは、フィジーク選手になるという新しい目標を立てたのでした。

「jeff seid」の画像検索結果

プロへ

フィジーカーとしての一歩を踏み出したジェフ。

その後再び前十字靭帯を損傷してしまうというアクシデントにもありましたが、ジェフは決してあきらめませんでした。

その結果、わずか18歳で「Washington State Championships」で優勝を果たすまでに成長を遂げます。

その年には早くもIFBBプロカードを獲得。

史上最年少でIFBBプロになるという偉業を達成しました。

現在

2012年にプロになったジェフ。

その後4年間は大会にも出場していましたが、現在はほとんど大会には参加していないようです。

現在はフィットネスモデルやオンラインコーチとしての活動をメインに行い、トレーニングブックの出版なども積極的に行っているようです。

死亡説?

「Jeff Seid」と検索すると「Jeff Seid 死亡」と出てきます。

大会に出場しない期間が長く、一時期はインスタグラムの投稿も途絶えていたため、このような検索が増えたのだと思います。

2021年現在も彼は元気に生きているのでご安心ください。

Buying Deca Durabolin for Sale - What You Should Know? - Self Inspiration

大会成績

2012 Washington State Championships 1位
2012 Emerald Cup 2位
2013 NPC Emerald Cup 2位
2013 NPC Jr. Nationals 1位
2013 IFBB Tampa Pro 2位
2013 IFBB Europa SuperShow 6位
2013 Valenti Gold Cup 1位
2013 Mr. Olympia Weekend 11位
2014 IFBB Europa Show of Champions 5位
2014 IFBB Greater Gulf 2位
2014 IFBB Tampa Pro 11位
2014 IFBB Dallas Pro & Pro Wheelchair 3位
2014 Mr. Olympia Weekend 13位
2016 Mr. Olympia Weekend 16位
Prosta dieta na przytycie 10 kg dla mężczyzn (gotowy jadłospis)

トレーニング

ジェフはハイボリュームなトレーニングを好んでおり、スーパーセットドロップセットなどのテクニックも駆使してハードに追い込んでいます。

筋肉に新鮮な刺激を与え続けるため1つのルーティーンに固執することはないものの、トレーニングのメニューはあまり変えないそうです。

有酸素運動にはバイクマシンでのHIITを取り入れており、2日に1回、10分くらいを目安にしているそうです。

具体的なトレーニングメニューとルーティーンをチェックしていきましょう。

月曜日:胸・カーフ

インクラインベンチプレス 10回、8回、8回、6回(ドロップセットで限界まで)
インクライダンベルフライ 10回、10回、8回、8回
ケーブルクロスオーバー 15回、10回、8回、8回(ドロップセットで限界まで)
ダンベルベンチプレス 10回、8回、8回、6回
ディップス 限界まで4セット
インクライマシンプレス 10回3セット
プッシュアップ 限界まで3セット
プルオーバー 15回3セット
スタンディングカーフレイズ 15回4セット
ドンキーカーフレイズ 15回4セット
シーテッドカーフレイズ 15回4セット

火曜日:背中・腹筋

デッドリフト 15回、10回、8回、6回
ベントオーバーロウ 12回、10回、8回、8回
ダンベルロー 12回、10回、10回、8回
Tバーロウ 12回、10回、8回、6回(ドロップセット)
ワイドグリッププルアップ 限界まで4セット
シーテッドロウ 10回、8回、8回、6回
ワイドグリップラットプルダウン 12回、10回、8回、8回
グッドモーニング 12回3セット
クランチ、ハンギングレッグレイズ 10分間

水曜日:脚・カーフ

スクワット 15回、10回、8回、6回、4回
フロントスクワット 12回、10回、8回、6回(ドロップセット)
ハックスクワット 12回、10回、8回、6回(ドロップセット)
レッグプレス 10回、8回、8回、6回
レッグエクステンション 12回、10回、8回、8回
ライイングレッグカール 12回、10回、8回、8回
スタンディングカーフレイズ 15回4セット
ドンキーカーフレイズ 15回4セット
シーテッドカーフレイズ 15回4セット

木曜日:肩・腹筋

ダンベルショルダープレス 10回、8回、8回、8回
フロントレイズ(アンダーグリップ) 12回、10回、8回、8回
サイドレイズ 12回、10回、8回、8回
(上記3種目のトライセット)
アーノルドプレス 10回、8回、8回
ケーブルアップライトロウ 8-10回3セット
リアレイズ 8-10回3セット
アップライトロウ 12-15回3セット
シュラッグ 15回4セット
クランチ、ハンギングレッグレイズ 10分間

金曜日:腕・カーフ

バーベルカール 10回、10回、8回、8回
スカルクラッシャー(インクラインベンチで) 12回、10回、8回、8回
マシンカール 8-10回4セット
プッシュダウン 8-10回4セット
インクラインカール 8-10回4セット
トライセプスキックバック 10-12回4セット
コンセントレーションカール 8-10回4セット
ワンアームエクステンション 10-12回4セット
スタンディングカーフレイズ 15回4セット
ドンキーカーフレイズ 15回4セット
シーテッドカーフレイズ 15回4セット

土曜日:オフ

日曜日:オフ

「jeff seid」の画像検索結果

食事

ジェフは増量期と普段の食事で食事内容を変えています。

増量中でもなるべくクリーンな食事を心がけているそうです。

また、減少中でも

  • タンパク質は体重1kgあたり3g以上
  • 炭水化物は75g以上
  • 脂質は良質なものを60g前後

というのを基本として食事しています。

食事はなるべく小分けにして、栄養価の高いものを優先的に摂るようにしています。

特定の食べ物だけを食べるのではなく、なるべく多くの種類の食品を組み合わせることも心がけているそうです。

では、具体的なメニューを見ていきましょう。

普段の食事

1食目卵白5個 全卵1個 オートミール0.5カップ バナナ
2食目プロテインシェイク りんご
3食目とりむね肉226g サラダ さつまいも
4食目ハムのサンドイッチ ぶどう
5食目プロテイン
6食目牛肉のステーキ226g ブロッコリー サラダ
7食目ピーナッツバターとジャムのサンドイッチ 牛乳2杯
8食目ギリシャヨーグルト0.5カップ ブルーベリー

増量期の食事

1食目ブルーベリー オートミール 卵白8個 全卵2個 アーモンドミルク
2食目玄米 鶏むね肉230g
3食目プロテイン バナナ
4食目玄米 とりむね肉230g
5食目玄米 ステーキ230g
6食目プロテイン
7食目さつまいも340g 鶏むね肉230~280g
How This Jeff Seid Workout Leads To Huge Upper Body Growth

まとめ

最年少でプロになったフィジーカー、ジェフ・シードについて紹介してきました!

彼のような美しい身体にあこがれてトレーニングを始めた人も多いはず。

ジェフ・シードのような肉体を目指してトレーニングに励みたいですね!

以上、『ジェフ・シードのすべて【完璧なルックスを持つ男】』でした!

タイトルとURLをコピーしました