ライアン・テリーってどんな人?【完璧なルックスと肉体を持つ男】

選手紹介

フィジーク選手として世界トップで活躍しているライアン・テリー。

インスタやYouTubrでインフルエンサーとして、フィットネスモデルとしてなど多岐にわたって活躍し、日本でも大人気です。

また、鍛え上げられた肉体だけでなく、丹精なルックスでも人気を博しています。

ということでこの記事では、そんなライアン・テリーのの経歴やトレーニング、食事方法について紹介していきます!

プロフィール

本名:ライアン・テリー(Ryan Terry)
出身:イギリス・ノッティングハムジャー州
生年月日:1988年11月17日
身長:177cm
体重:83.9-88.5kg

経歴

生い立ち

ライアン・テリーはイギリス・ノッティングハムジャー州の小さな町に生まれました。

運動神経抜群で、活発に育っていったライアン。

幼少期は水泳、体操、サッカー、ゴルフなどさまざまなスポーツで活躍しました。

その後、14歳のときに

もっと自分に自信をつけたい

という理由からジムに通い始め、ウエイトトレーニングに取り組むようになりました。

大会へ

トレーニングを積み重ね、自分に自信がついてきたライアンは大会に出場することを決めます。

2010年の「Mr Great Britain」という、イギリス一のいい男を決めるコンテストで優勝

その後イギリス代表として「Mr International」にも出場し、40か国以上の代表の中から優勝を果たしました。

当時モデルとして働きながら配管工の仕事もこなしていたライアン。

この優勝を機にモデルのオファーが激増し、配管工をやめてモデル一本で生活していくようになります。

Mister International 2010: Ryan Terry (Great Britain)

フィジークの世界へ

さらにトレーニングを積み重ねていったライアンは、今度はフィジークに挑戦します。

2013年には「UK Nationals」で優勝。

同じ年の「European Arnold Classic」でも優勝を飾り、プロカードを獲得

イギリス人初のプロフィジーク選手としてのキャリアをスタートさせました。

その後も「Arnold Classic」での優勝をはじめ多くの大会で活躍しています。

現在もフィジークの世界トップ選手として活躍し、Mrオリンピアは6年連続で出場、最高2位にまで登り詰めています。

また、インスタグラムなどでインフルエンサーとして多くの人に影響を与えたり、ジムシャークというフィットネスブランドのモデルを務めたりと、選手以外の面でも活躍しています。

大会成績

  • 2013 European Arnold Classic Men’s Physique 1位
  • 2013 UK Nationals 1位
  • 2015 IFBB MIAMI MUSCLE BEACH PRO 2位
  • 2015 Olympia Men’s Physique 4位
  • 2016 Pittsburgh Pro 1位
  • 2016 Olympia Men’s Physique 2位
  • 2016 Arnold Classic Men’s Physique 4位
  • 2017 Arnold Classic Men’s Physique 1位
  • 2017 Olympia Men’s Physique 6位
  • 2018 Olympia Men’s Physique 3位
  • 2019 Olympia Men’s Physique 5位
  • 2020 Olympia Men’s Physique 8位
Ryan Terry one week out from the Mr Olympia. Can he make it? : bodybuilding

トレーニング

ライアンは週に6回トレーニングし1日休むというルーティーンでトレーニングしています。

1回のトレーニングでは1つの部位を徹底的に鍛えていくそうです。

また彼はトレーニング初心者に対して

自己流のトレーニングをせず、信頼できるトレーナーを付ける

ということをおすすめしています。

筋肉の成長を最大限に引き出しつつケガを避けるには、正しい知識とフォームが必要不可欠だと考えているようですね。

ライアンの実際のトレーニングメニューとルーティーンは以下の通りです。

月曜日:背中

ワイドグリッププルアップ 12-15回4セット
クローズグリッププルアップ 12-15回4セット
クローズグリップラットプルダウン 12-15回4セット
ベントーオーバーロー 8-10回4セット
デッドリフト 8-10回4セット

火曜日:肩

マシンショルダープレス 10-12回4セット
サイドラテラルレイズ 8-10回3セット
ダンベルリアレイズ 15回3セット
ダンベルフロントレイズ 15回3セット
ケーブルサイドラテラルレイズ 15回3セット
シュラッグ 15回3セット
リアシュラッグ 15回3セット

水曜日:脚

スクワット 10回4セット
ハックスクワット 8-10回3セット
レッグプレス 12回3セット
レッグエクステンション 12-15回3セット
シーテッドレッグカール 12-15回3セット
ライイングレッグカール 12-15回3セット
ランジ 12-15回3セット
カーフレンジ 12-15回4セット

木曜日:腕

ディップス 8回4セット
プッシュダウン 10-12回3セット
スカルクラッシャー 10-12回3セット
EZバーカール 8-10回4セット
ハンマーカール 8-10回4セット
ダンベルカール 8-10回3セット

金曜日:胸・腹筋

インクラインベンチプレス 10-12回4セット
インクラインダンベルプレス 10-12回4セット
ダンベルフライ 10-12回4セット
ケーブルフライ 10-12回3セット
ケーブルクロスオーバー 12-15回3セット
アブマシーン 15-20回3セット
クランチ 15-20回3セット
シットアップ 15-20回3セット
プランク 限界まで4セット

土曜日:ハムストリングス・カーフ

シーテッドシングルレッグカール 10-12回4セット
スティッフレッグドデッドリフト 10-12回4セット
ランジ 10回3セット
シーテッドカーフレイズ 10回3セット
スミスマシンカーフレイズ 30回3セット

日曜日:オフ

ライアンテリーの美しすぎる腹筋やトレーニング、アパレルなどを紹介します。 | マッスルヒストリー

食事

フィジーク選手として活躍する一方、フィットネスモデルとしても大人気なライアン。

いつ撮影のオファーが来ても大丈夫なように、オフシーズンでも摂取カロリーには気を付けているようです。

食事は1日に6~7回に分けており、血糖値の急上昇を避けるために炭水化物はGI値の低いものから摂っているようです。

彼の実際の食事メニューは以下の通りです。

1食目レモンジュース大さじ2杯、りんご酢大さじ2杯、BCAA10g、グリーンパウダー1スクープ
2食目オートミール100g、ブルーベリー30g、フレーク20g、ホエイプロテイン60g
3食目パン2枚、たまご4個、アボカド半分、岩塩少量
4食目鶏もも肉200g、白米約130g、アスパラガス3~4本、岩塩少量、レモン
5食目ステーキ150g、ジャガイモ250g、アスパラガス3~4本、岩塩少量
6食目サーモン150g、ジャガイモ250g、アスパラガス3~4本、岩塩少量、レモン

また、サプリメントについては、トレーニング前とトレーニング中にBCAAトレーニング後にホエイプロテインを飲んでいるようです。

About Ryan – Ryan Terry

まとめ

世界のトップで活躍するフィジーク選手、ライアン・テリーについて紹介してきました。

彼のような美しい肉体を目指してトレーニングに励みたいですね。

以上、『ライアン・テリーってどんな人?【完璧なルックスと肉体を持つ男】』でした!

タイトルとURLをコピーしました