【筋トレ食材】和菓子は筋トレに効果的!?【筋トレに最適な和菓子の食べ方とは?】

食事

筋トレやボディメイク、ダイエットをするうえでは

甘いものやお菓子を食べるのは禁物

といったイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?

特に和菓子は甘くて砂糖が大量に含まれているため、身体に悪いという印象も強いと思います。

ですが、実は和菓子は筋トレとの相性がけっこういいんです。

使い方によっては筋トレに活かすことも可能で、うまく取り入れれば、甘いものを食べつつ効率的なボディメイクをすることができるんです。

ということで本記事では

筋トレにおける和菓子のメリットや効果を最大限に引き出す食べ方

について紹介していきます!

和菓子はなぜ筋トレにいいの?

和菓子と筋トレの相性がいいといっても、いまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、大量の砂糖を含んでいる和菓子がボディメイクに使えるのは意外に思うのももっともです。

そんな和菓子が筋トレにいいと言える理由は、以下のような感じ。

  • 優秀なエネルギー源になる
  • 脂質が少ない
  • 手軽に食べられる

では、ひとつづつ解説していきます。

優秀なエネルギー源になる

身体を動かすのにはエネルギーが必要なことは言うまでもありませんね。

特に筋トレなどの激しい無酸素運動では、糖分(グルコース)が主なエネルギー源として消費されます。

では、エネルギー源となるグルコースが枯渇している状態で筋トレを行うとどうなるか?

実は、グルコースがない状態で運動を行うと、人間の身体は筋肉を分解することによってエネルギーを取り出そうとするんです。

つまり、

筋肉を大きくするための筋トレで、無駄に筋肉を分解してしまう

ということ。

これでは本末転倒ですよね。

そこで大切になってくるのが

トレーニング前に十分にエネルギー源(グルコース)を補給しておく

ということです。

和菓子の主な成分は、グルコースの元となる砂糖などの糖類や炭水化物。

中でも砂糖などの糖類は身体に素早く吸収されるため、

  • トレーニング前の即効性のあるエネルギー源
  • トレーニング後の素早い栄養補給

にピッタリなわけです。

また、炭水化物は消化吸収に時間がかかるため、持続性のあるエネルギー源として優秀で、腹持ちもいい。

糖類と炭水化物を多く含んだ和菓子は、ひとつだけで複数の特徴をもつエネルギー源となってくれるわけです。

筋トレ前の栄養補給に「和菓子」が最強な理由 | ハンサム☆ビーチ

脂質が少ない

ボディメイクやダイエットにつきものなのが、食事制限。

特に、糖質+脂質という組合せは肥満へ一直線になってしまうため、ボディメイク目的でトレーニングしているなら

  • 甘いのも
  • 洋菓子
  • スナック菓子

などは基本的に控えたいところです。

そんな甘いものの代表例として名前が上がる子もとある和菓子ですが、実は和菓子の主な成分は炭水化物で、脂質はほとんど含まれていないんです。

糖質+脂質という最悪の組み合わせを回避できるので、和菓子は洋菓子などと比較すると太りにくい。

どうしても甘いものが食べたくなった時などの対策として和菓子を活用するのはかなり有効です。

※とはいえ、いくら脂質が少ないからと言って食べ過ぎは肥満の原因になるので注意しましょう。

手軽に食べられる

筋トレしていて意外とめんどくさいのが、食事の用意です。

毎食調理するのはかなりの手間暇がかかりますし、外出先での食事にも結構悩むことは多いです。

その点、和菓子は

  • コンビニ
  • スーパー

などどこにでも売っていて簡単に手に入り、個包装のものも多いので小まめに食べられて持ち運びにも便利。

外食をするとどうしても脂質が多くなってしまいがちですが、和菓子には脂質がほとんど含まれていないことも魅力のひとつ。

また、仕事や学校の帰りにジムによってトレーニングするという場合には、トレーニング前にがっつりごはんを食べて栄養補給することができない場面も多いと思います。

そんな時にはパクっと一口で食べられる和菓子でエネルギー補給しておくのも効果的です。

手軽に食べられるというのは、思いのほか大きなメリットなわけです。

知らないと損!】筋トレ前の和菓子はOK?筋トレ時の栄養補給に和菓子がオススメな理由! | 東京神楽坂 パーソナルトレーニングジム LiME

和菓子はいつ食べると効果的?

とまあこんな風に、筋トレやボディメイクにおいてメリットの大きい和菓子ですが、その効果を最大限に引き出すには

食べるタイミング

が最重要といっても過言ではありません。

和菓子は筋トレと相性がいいとはいっても、基本的に和菓子は砂糖の塊なので、何も考えずにバクバク食べればもちろん太ります。

では、和菓子はいつ食べればいいのかというと

  • トレーニング前
  • トレーニング後

がおすすめです。

トレーニング前

先ほども触れたように、筋トレで身体を動かすには、エネルギー源となるグルコースが必須

グルコースがない状態でのトレーニングは、無駄に筋肉を減らす結果になってしまいます。

これを避けるために

トレーニングの30分~1時間前に和菓子を食べる

というのがおすすめ。

和菓子には

  • 手軽に食べられる
  • かさばらず、おなかにたまらない
  • 素早く吸収される糖類が大量に含まれている

といった特徴があるので、トレーニング前の即効性のあるエネルギー源としては最適です。

ただ、トレーニング直前に和菓子を食べるのはあまりお勧めできません。

運動する直前に和菓子を食べてしまうと、血糖値の急変によって、トレーニング中に

  • 眠気
  • だるさ
  • 空腹感

などを感じてしまう可能性があり、トレーニングの質が下がってしまいます。

トレーニング前のエネルギー補給として和菓子を食べる際は

少なくともトレーニングの30分前には食べきってておく

というのがいいでしょう。

筋トレに和菓子がおすすめの理由って?食べるタイミングや栄養価は? | ヨシ社長のブログ|バリ島の貿易会社

トレーニング後

トレーニング後にプロテイン(タンパク質)を摂取するのが大切だということは有名ですが実はタンパク質だけでなく、炭水化物も補給も忘れてはいけません。

運動中はグルコースがエネルギー源として消費されるため、筋トレ直後は筋グリコーゲンが枯渇した状態になっています。

この状態が長く続いてしまうと、筋肉の分解につながってしまったり、筋肉の回復が遅れてしまったりといいことがありません。

これを回避するためにも

素早くグルコールを補給する

ということが大切になってくるわけです。

吸収が早くすばやく筋グリコーゲンを回復させることができる和菓子は、トレーニング後の栄養補給にもピッタリです。

ちなみに、トレーニング直後はインスリン感受性が高くなっており、大量の糖分をとっても脂肪として蓄積されにくいので、甘いものを罪悪感なく食べたい場合もトレーニング後の和菓子は有効です。

また、夜遅い時間帯にトレーニングした場合、トレーニング後にがっつり食事を摂ってしまうと、

寝ている間も消化器官が働き続けるため睡眠の質が下がって身体を回復させられない

ということがあります。

こんな時は、トレーニング後にがっつり食事を摂るのではなく

消化吸収の早い和菓子+プロテイン

などで済ませることで、

炭水化物とタンパク質を補いつつ、寝ている間は消化器官を休めて睡眠の質を高く維持する

といことが可能になります。

コンビニ和菓子で-20kg?マツコ絶叫「和菓子ダイエット来ちゃうんじゃない?」 | コレガノ

注意!量とタイミングには気を付けよう!

これまで紹介してきたように、和菓子は意外にも筋トレとの相性がよく、

  • 洋菓子
  • スナック菓子

などと比べるとかなり扱いやすい食品ではあります。

が、ここで気を付けたいのが

和菓子自体が筋肉や身体にいいわけでなはい

ということ。

食べる量やタイミングに気を遣えば有用性が高いのも事実ですが、食べ過ぎはもちろん太ります。

また、ボディメイク目的で和菓子を取り入れるなら

  • トレーニング前
  • トレーニング後

意外の時間帯に和菓子を食べるメリットはほとんどありません。

くれぐれも

  • タイミング

には気を付けましょう。

筋トレに和菓子はなぜおすすめ?筋トレ上級者だけが知るマル秘テク | HOMERUN GYM

まとめ

和菓子と筋トレは相性がいい

ということで、ボディメイクにおける和菓子のメリットや食べるべきタイミングを紹介してきました。

ボディメイクを行いつつも食べられる甘いものとして、またトレーニング前後のエネルギー源として、うまく和菓子を活用していきましょう!

以上、『【筋トレ食材】和菓子は筋トレに効果的!?【筋トレに最適な和菓子の食べ方とは?】』でした!

タイトルとURLをコピーしました