フランク・ゼーンのすべて【経歴からトレーニング、食事まで】

選手紹介


筋トレやボディビルに興味のある方なら、フランク・ゼーンという名前を聞いたことがあるかもしれません。

Mrオリンピアで何度も優勝するようなトップビルダーだった彼は、引退した今なお世界中から愛されています。

ということでこの記事では

  • プロフィール
  • 経歴
  • 大会成績
  • トレーニング
  • 食事
  • 名言

など、フランク・ゼーンのすべてを紹介していきます!

プロフィール

本名:フランク・ゼーン
生年月日:1942年6月28日
出身:アメリカ合衆国ペンシルベニア州キングストン
身長:175cm
体重:84~91cm
胸囲:129cm
上腕:45cm
大腿:66cm
ウエスト:73cm

経歴

生い立ち

フランク・ゼーンはペンシルベニア州のキングストンに生まれました。

炭鉱の町として有名だったキングストンは治安も悪く、幼いころには殴り合いの喧嘩も珍しくなかったようです。

当時はまだ小柄だった彼はぼこぼこにされることも多々ありましたが、決してあきらめず、倒されるたびに立ち向かっていったそうです。

このころの経験が、のちのち成功するための強いメンタルをつくったのかもしれませんね。

ボディビルとの出会い

彼のボディビルとの出会いは14歳の時です。

学校に捨てられていたボディビル雑誌を見つけた彼は、そこに映っている鍛え上げられた身体に衝撃を受け、トレーニングに興味を持ち始めます。

すぐにダンベルを買ってトレーニングに明け暮れるようになります。

彼が筋トレすることに対して、父親は最初は否定的だったようです。

「筋トレをする時間があるのなら、その時間をもっと意味のあることに使え」

とよく言われていたようです。

しかし、彼はそんなことは全く気にしません。

平日には家で、休日にはヒッチハイクして30キロ先のジムに行ってハードなトレーニングを続けます。

その結果3年で13キロの増量に成功しました。

トレーニングに本気で取り組む彼を見て、最初は否定的だった父親も、このころには応援するようになっていたようです。

地元のウィルクス大学を卒業した彼は、フロリダで数学と化学の教師として働き始めます。

同時にボディビルダーとしての活動にも取り組んでいくようになりました。

フランク・ゼーン|ボディビル史上最高の"美しい"フィジークを持つ男|ダイナマイト息子|note

ボディビルダーとしての活躍

初出場した1961年の大会では17位と悔しい結果でしたが、彼はすぐに頭角をあらわし始めます。

1962年のMrキーストンでは初優勝を果たします。

1968年のMrユニバースでは、みなさんご存じのシュワちゃんに打ち勝ち優勝しています

その後もさまざまな大会で好成績を収めていきます。

1977年、世界最高のボディビル大会であるMrオリンピアで初優勝を果たします。

続く78.79年も優勝し、オリンピア3連覇を成し遂げます。

1980年には、大会の直前にプールサイドから転倒して大出血するケガを経験し、その影響もあって惜しくも優勝は逃してしまいます。

1983年にも大会直前に自転車で事故にあい肩に大けがを負います。

激痛に耐えながらもトレーニングに励み4位入賞。

この年を最後に引退することとなりました。

現在

フランク・ゼーンは引退後もボディビル普及に貢献しています。

現在は自身のウェブサイトを立ち上げ、サプリメント・書籍・トレーニング用品の販売や、オンラインコーチングなどを行っているようです。

大会成績

  • 1961年 Mrペンシルベニア 17位
  • 1962年 Mrキーストン 1位
  • 1963年 Mrキーストン 1位
  • 1965年 Mrユニバース 1位
  • 1966年 Mrアメリカ 1位
  • 1967年 Mrアメリカ 1位・Mrユニバース 1位
  • 1968年 Mrアメリカ 1位・Mrユニバース 1位
  • 1970年 Mrユニバース 1位
  • 1971年 Pro Mrユニバース 1位
  • 1972年 Pro Mrユニバース 1位・Mrオリンピア 4位
  • 1974年 Mrオリンピア 4位
  • 1975年 Mrオリンピア 2位
  • 1976年 Mrオリンピア 4位
  • 1977年 Mrオリンピア 1位
  • 1978年 Mrオリンピア 1位
  • 1979年 Mrオリンピア 1位
  • 1980年 Mrオリンピア 3位
  • 1982年 Mrオリンピア 2位
  • 1983年 Mrオリンピア 4位
フランク・ゼーン|ボディビル史上最高の"美しい"フィジークを持つ男|ダイナマイト息子|note

トレーニング

フランク・ゼーンは、キャリア初期の彼はパンプ感を重視し、低重量で高回数をこなすトレーニングを行っていました。

しかし当時は筋肉量が足りず、なかなか大会で結果を残せていなかったようです。

そんな時、ジョー・ウィダーというボディビルダーのアドバイスを受け、筋肉量アップのため、高重量でのトレーニングを重視するようになったそうです。

彼は身体を3つの部位に分割し、各部位週に2回トレーニングして1日休む、というルーティーンを取り入れていました。

トレーニング自体はかなりハードで、1回のトレーニングに3時間くらいかかることもあったようです

では、具体的なメニューを見ていきます。

1日目:背中・上腕二頭筋・前腕・腹筋

デッドリフト10-15回3セット
Tバーロウ8-10回3セット
ラットプルダウン8-10回3セット
ダンベルロウ8-10回3セット
コンセントレーションカール8-10回3セット
ダンベルカール8-10回3セット
インクラインダンベルカール8-10回3セット
バーベルリバースカール8-10回3セット
クランチ50回3セット
ハンギングレッグレイズ50回3セット

2日目:脚

レッグエクステンション(ウォーミングアップ)20回2セット
スクワット 8-15回6セット
レッグプレス 10-15回3セット
ライイングレッグカール 12回3セット
レッグエクステンション 12回3セット
スタンディングカーフレイズ 15-20回3セット
ドンキーカーフレイズ 15-20回3セット
シーテッドカーフレイズ 15-20回3セット

3日目:胸・肩・上腕三頭筋・腹筋

ベンチプレス 2-12回6セット
インクラインダンベルプレス 6-10回3セット
デクラインダンベルプレス 8-12回3セット
ダンベルプルオーバー 8-12回3セット
ナローベンチプレス 8-12回3セット
ダンベルエクステンション8-12回3セット
プレスダウン 8-12回3セット
ダンベルサイドレイズ 8-12回セット
ケーブルサイドレイズ 8-12回3セット
レッグレイズ 25回3セット

4日目: 背中・上腕二頭筋・前腕・腹筋

メニューは1日目と同じ

5日目:脚

メニューは2日目と同じ

6日目: 胸・肩・上腕三頭筋・腹筋

メニューは3日目と同じ

7日目:オフ

彼のトレーニングメニューとルーティーンはこんな感じです。

高重量にこだわっていたのか、回数は8-12回の種目が多くなっていますね。

また、ダンベルやバーベルを用いたフリーウエイトの種目に力を入れていたことがうかがえます。

フランク・ゼーン|ボディビル史上最高の"美しい"フィジークを持つ男|ダイナマイト息子|note

食事

オフシーズンでもなるべく身体をリーンに保つため、食べ過ぎることはなく、1日の摂取カロリーが3000kcalを超えないようにしていたようです。

また、ボディビルにおいて脂質は悪者のように思われがちですが、極端に脂質を減らすことはせず、摂取カロリーの約25%は脂質から摂るようにしていたそうです。

タンパク質は1日に200~300g摂っていました。

いろいろな食材から栄養を摂ること、なるべく加工された食品を摂らないことを意識していたようです。

また、口にするすべての食材を記録し、とても厳しく食事管理していたと言います。

では、具体的な食事メニューを見ていきます。

1食目牛乳・卵・プロテインを混ぜたドリンク、生クリーム(少し)、水(8オンス)
2食目肉か魚(340g)、サラダ(オイルか酢をかける)、炭酸水
3食目肉か魚、サラダ(オイルか酢をかける)、ハーブティ
4食目(トレーニングの約45分前)プロテイン

脂質を多めに摂取し、炭水化物をほとんど摂っていないことが特徴的です。

また、トレーニング前食事にはこだわっていたらしく、トレーニングの約45分前には必ずプロテインを飲むようにしていたそうです。

フランクゼーンとは?生い立ち・成績〜筋トレ・食事・私生活〜画像集まで紹介! | Slope[スロープ]

サプリメント

フランク・ゼーンは勉強好きでインテリだったことも有名。

化学の教師としても働いていた彼はサプリメントには非常に詳しく、「The Chemist(科学者)」と称されることもあったようです。

そんな彼は

  • プロテイン
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • アミノ酸
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • マルチビタミン

をサプリメントとして摂っていたようです。

名言

フランクゼーン(Frank Zane)のトレーニングメニューや食事、経歴・プロフィールを徹底分析

フランク・ゼーンはさまざまな名言を残したことでも有名です。

その中からいくつかを紹介します。

強くあるのも弱くあるのもすべては自らの選択次第だ

力強い言葉ですね。

喧嘩に負けても決してあきらめなかった、ケガの痛みに耐えながら大会への挑戦をやめなかった彼ならではの名言です。

ボディビルで成功したいなら、自分や他人をよく観察するのが大切だ

成功するためには独りよがりな努力ではなく、周囲にも目を向け、自分の長所にも短所にもしっかり向き合う必要がある、ということですね。

実際に成功している人の言葉は説得力が段違いです。

日単位ではなく時間単位で生きろ。次の1時間で君は何を成し遂げる?

「今日は何をやった、明日は何をやろう」

では全然足りないんですね。

成功するためにはたった1時間も無駄にせず、挑戦し続けることが大切だということですね。

まとめ

伝説のボディビルダー、フランク・ゼーンの経歴やトレーニング、食事内容につい紹介してきました。

彼のトレーニングや食事の考え方からは、僕たちのような一般のトレーニーにとってもヒントになることがありそうですね!

以上、『フランク・ゼーンのすべて【経歴からトレーニング、食事まで】』でした!

タイトルとURLをコピーしました