ジェレミー・ブエンディアのすべて【フィジークの王様】

選手紹介

言わずと知れたメンズフィジーク界のレジェンド、ジェレミー・ブエンディア

彼はMrオリンピアのメンズフィジーク部門で前人未到の4連覇を成し遂げ、フィジーク界で一時代を築きました。

完璧なプロポーションと美しいTシェイプで世界の頂点に君臨し続けた彼は

どんな人物で、どんな食事やトレーニングをおこなっているのか、

気になる方も多いのではないでしょうか?

ということでこの記事では、生い立ちから経歴、トレーニング内容に至るまで、ジェレミー・ブエンディアのすべてを紹介していきます!

プロフィール

本名:ジェレミー・ブエンディア(Jeremy Buendia)
出身:アメリカ合衆国カルフォルニア州ローズビル
生年月日:1990年10月10日
身長:172cm
体重:79-84kg

経歴

生い立ち

カリフォルニア州ローズビルに生を受けたジェレミー。

父親がボディビルダーだったこともあり、幼少期からトレーニングが身近にある生活を送っていました。

父親が筋トレをしている音で目を覚ますこともあったそうです。

また、年上の兄とともに育ったジェレミーは幼いころから負けず嫌いで、

勝負事では絶対に負けたくない

という思いが人一倍強かったそうです。

のちにフィジークで伝説を残すジェレミーが最初に興味を持ったのはアメフトでした。

持前の競争心運動神経を活かし、高校時代はアメフト選手として活躍していました。

しかし、試合中に首の椎間板にケガを負ってしまい、長い間アメフトができなくなってしまいます。

このケガが原因となってジェレミーはアメフトをやめてしまいますが、これが彼にとって転機にもなりました。

フィジーカーへ

ケガのせいで大好きだったアメフトをやめざるを得なくなってしまったジェレミー。

それでも下を向くことなく、身体は鍛え続けていました。

父親の影響もあり、このころにはボディビルに興味を持つようになっていたジェレミー。

高校を卒業するとすぐに本格的なトレーニングを開始し、ボディビルの世界へと足を踏み出しました。

2008年、18歳のジェレミーは「INBF Capital City Natural Bodybuilding & Figure Championships」で大会デビューを果たし、6位という結果を得ました。

初出場で6位といえば、普通の人なら満足しそうなところ。

しかし人一倍負けず嫌いなジェレミーはこの結果に満足しないどころか、落ち込み、非常に悔しい思いをかみしめます。

この結果と紳士に向き合い、その後しばらく大会には出場せずバルクアップに専念したジェレミー。

2年後の2010年、「NPC California State Bodybuilding Championships」で優勝を果たすまでの成長を遂げました。

この優勝で

ボディビルの世界こそ自分の生きる場所だ

という決意を固めたジェレミー。

その後しばらくボディビルダーとして活動した後、2012年に21歳で活躍の場をメンズフィジークに移しました。

ジェレミーブエンディアの肩トレメニューを徹底解剖【プロから学ぶ】 | エイゴリラ

Mrオリンピア

2013年に「NPC Junior USA Championships」で優勝を果たし、IFBBプロカードを獲得したジェレミー。

その年には早くもMrオリンピアに出場しました。

直前の2つの大会で優勝しており、優勝候補の大本命との呼び声も高かったジェレミーですが、結果はマーク・アンソニー選手に敗れ2位。

相当悔しい思いを経験したジェレミーはこの敗北を受け

「2度と2位にはならない」

と誓います。

持ち前の負けず嫌いな性格を原動力にハードなトレーニングと徹底的な食事管理をこなしていきます。

そして翌年の2014年、雪辱を果たします。

23歳という若さでオリンピアを制し、ついに世界の頂点に上り詰めました。

その後も2015年、2016年、2017年と優勝し続け、前代未聞のオリンピア4連覇を成し遂げました。

Jeremy Buendia、フィットネス業界の伝説人の一人【筋トレ】 - x-tokyo.jp

怪我

圧倒的な実力で世界の頂点に君臨していたジェレミー。

しかし2017年、アクシデントが彼を襲います。

イベントのデモンストレーションで行ったベンチプレスで大胸筋を断裂してしまったのです。

朝から働き通しでまともな食事も水分も取れず、ウォーミングアップもなしでいきなり高重量を扱ったことが原因だったと彼自身が語っています。

このケガの治療のため手術を行い、入院することになったジェレミー。

長期間にわたってまともなトレーニングができなくなってしまいます。

数カ月に及ぶトレーニング不足やケガによるトレーニングの質の低下の影響もあり、2018年のオリンピアでは4位という結果に終わってしまいました

その後は大会には出場せず、自身のサイトを運営したり、コーチングを行ったりしています。

ただ、インスタグラムでは大会復帰を示唆するような投稿もあり、近いうちにステージに舞い戻ってくるのではという期待の声も高まっています。

いちフィットネスファンとして注目していきたいですね。

Jeremy Buendia: The Precarious Road To The Fifth Olympia Championship -  Generation Iron Fitness & Bodybuilding Network

大会成績

2008 INBF Capital City Natural Bodybuilding & Figure Championships 6位
2010 NPC California State Bodybuilding Championships 1位
2012 NPC California Governors Cup Championships 2位
2012 NPC Los Angeles Grand Prix Championships 2位
2012 NPC California State Championships 2位
2012 NPC San Francisco Championships 7位
2012 NPC Excalibur Championships 1位
2013 NPC Amateur Grand Prix Los Angeles 1位
2013 NPC Junior USA Championships 1位
2013 IFBB Greater Gulf States Pro 1位
2013 IFBB Olympia Weekend 2位
2013 IFBB Sacramento Pro 1位
2014 IFBB San Jose Pro 1位
2014 IFBB Olympia Weekend 1位
2015 IFBB Olympia Weekend 1位
2016 IFBB Olympia Weekend 1位
2017 IFBB Olympia Weekend 1位
2018 IFBB Olympia Weekend 4位
ジェレミーブエンディアのすべて】特徴・筋トレ・食事など徹底解説 | エイゴリラ

トレーニング

ジェレミーはトレーニングではパンプ感を重視しているそうです。

スーパーセットやジャイアントセットなどのテクニックを積極的に取り入れ、インターバルも短めに設定して筋肉がパンパンになるまで追い込んでいくそうです。

またジェレミーは、ハニーランボッド考案の追い込みテクニック、

FST7

というトレーニング方法も取り入れているそうです。

FST7とは、一言でいうと

徹底的に筋肉をパンプさせるためのトレーニング方法

です。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、興味のある方はぜひご覧ください!

また、有酸素運動についてもこだわりを持っているようで、30分未満のバイクやHIITなどの短時間・高強度な運動を好んでいるそうです。

ちなみに、好きなトレーニングはベンチプレス、サイドレイズ、スタンディングダンベルカールだそうです。

それでは、具体的なトレーニングメニューとルーティーンについて見ていきましょう。

Jeremy Buendia: Steroids Or Natural?

月曜日:肩・上腕二頭筋

シーテッドラテラルレイズ 10-12回4セット
ダンベルショルダープレス 8-10回4セット
ダンベルフロントレイズ 8-10回3セット
ダンベルラテラルレイズ 8-12回7セット
バーベルスパイダーカール 10-12回7セット
EZバーカール 8-10回3セット
オルタネイトダンベルカール 8-10回3セット

火曜日:背中・上腕三頭筋

アンダーグリップラットプルダウン 10-12回3セット
Vバーラットプルダウン 8-10回3セット
リバースグリップバーベルロー 8-10回3セット
シーテッドロー 10-12回3セット
ストレートアームプルダウン 8-12回7セット
プッシュダウン 10-12回3セット
ナローベンチプレス 8-12回3セット
ディップス 8-10回3セット
ケーブルフレンチプレス 8-12回7セット

水曜日:脚・腹筋

スクワット 8-10回3セット
ハックスクワット 8-10回3セット
レッグプレス 10-12回7セット
レッグカール 10-12回3セット
スティッフレッグドデッドリフト 8-10回3セット
ライイングレッグカール 8-12回7セット
クランチ4セット 14-20回
メディシンボールロシアンツイスト 14-20回4セット
ハンギングレッグレイズ 14-20回4セット
マウンテンクライマー 限界まで7セット

木曜日:胸・カーフ

チェストプレス 10-12回4セット
ダンベルフライ 8-10回3セット
チェストプレス 8-10回3セット
ケーブルクロスオーバー 10-12回7セット
スタンディングカーフレイズ 10-12回4セット
レッグプレスカーフレイズ 10-12回4セット
シーテッドカーフレイズ 8-10回7セット

金曜日:腕

シーテッドダンベルカール 10-12回7セット
インクラインダンベルカール 8-10回3セット
マシンプリチャーカール 8-10回3セット
バーベルスパイダーカール 10-12回7セット
ケーブルフレンチプレス 10-12回3セット
ナローベンチプレス 8-10回3セット
スカルクラッシャー 8-10回3セット
プッシュダウン 8-12回7セット

土曜日:オフ

日曜日:オフ

Jeremy Buendia Looks Massive in Recent Progress Update. Will He Compete in  Classic? - Generation Iron Fitness & Bodybuilding Network

食事

ジェレミーはコーチと相談しながら、毎朝の体調によってその日の食事メニューを決めているようです。

2~3時間おきに栄養補給をするようにしており、1日に6食食べています。

食材にもこだわり、リーンなタンパク質、複合炭水化物、良質な脂質をバランスよく摂取しています。

1日の具体的な食事例は以下の通りです。

1食目卵白1カップ、オートミール1/2カップ
2食目プロテイン35g、オレンジまたはリンゴ1個、アーモンド24個
3食目ティアピア227gまたはとりの胸肉198g、サツマイモ
4食目フィレミニョン227gまたは赤身96%のひき肉198g、アスパラガス
5食目(トレーニング前)ティアピア227gまたはとりの胸肉198g、アスパラガス
6食目(トレーニング後)プロテイン50g、オートミール1/2カップ、はちみつ大さじ1杯
Jeremy Buendia Steroids Cycle - Evolutionary.org

サプリメント

食事例からもわかるようにプロテインをよく使っているジェレミー。

プロテインの種類は、最も質の高いと言われているホエイアイソレートを使用しています。

また、EVORGENというサプリメント会社がスポンサーになっているため、その会社の

  • マルチビタミン
  • ファットバーナー
  • EAA
  • BCAA
  • グルタミン
  • プレワークアウト

なども摂取しているようです。

Fil-Am Olympia champ Jeremy Buendia sets the bar high for men's physique |  Philstar.com

名言

圧倒的王者として4年にわたり世界の頂点に君臨したジェレミー。

彼は名言も多く残しています。

いくつかを紹介します。

冗談じゃない。すぐトレーニングだ。

今日やるか、今日はやらないのかを毎朝自分に問いかけるんだ。その質問で、今日という一日の成果が決まるんだ

昨日より今日がより良くなるための目標をもって朝目覚めるんだ

山頂に上ろうとしてるだけじゃないんだ。そこに俺の家も建てたいんだ。

まとめ

フィジーク界のレジェンド、ジェレミー・ブエンディアの経歴やトレーニング、食事について紹介してきました!

ケガという挫折を経験しても後ろを向かず、常に最高の自分を目指して努力を続ける彼の姿勢は、まさにチャンピオンにふさわしいかっこよさ。

彼のようにトレーニングと真摯に向き合い、理想の身体を追求していきたいですね!

以上、『ジェレミー・ブエンディアのすべて【フィジークの王様】』でした!

タイトルとURLをコピーしました