ジュアン・モーレルってどんな人?【経歴からトレーニング、食事まで】

選手紹介

今回の記事で紹介するボディビルダーは、ジュアン・モーレル

Mrオリンピア常連で、その実力は確かな彼ですが、意外にも自分の才能には限界を感じているそうです。

そんなジュアンはいったいどんな人物なのか、経歴やトレーニング内容、食事に至るまでを追っていきましょう!

プロフィール

本名:ジュアン・モーレル(Juan Morel)
出身:アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン
生年月日:1982年4月2日
身長:180cm
体重:133.8-140.6kg

経歴

生い立ち

ニューヨーク州のマンハッタンで生まれたジュアン・モーレル。

彼の両親はドミニカ共和国出身でしたが、ニューヨークに親戚が多く、ジュアンは多くの人に囲まれて成長していきました。

週末にいとこたちと集まることも多く、ジュアン一家は不慣れな土地でも不自由することなく生活できたと言います。

スポーツ少年

今でこそボディビルダーとして活躍しているジュアンですが、最初に興味を持ったのはバーベルでなはくボール。

ハンドボールに熱中し、その実力もかなりのものだったそうです

ハンドボール選手として活躍する傍ら、ジュアンは

自分の身体の強さを活かせるスポーツをしたい

とも思うようになり、近所のボクシングジムにも入会しました。

筋トレとの出会い

ボクシングのために筋肉をつけて体重を増やそうと考えたジュアンは、ボクシング仲間とともにウエイトトレーニングを始めました。

が、すぐに筋トレの楽しさや身体が変わっていくことの喜びに気づき、ジュアンの興味は次第にボディビルへと向いていきます。

そのころにボディビル雑誌を購読するようになったジュアンは、

  • ロニー・コールマン
  • ケビン・レブローニ
  • フレックス・ウィーラー

などの伝説的な選手たちの身体を目の当たりにし、

彼らのような身体になりたい、自分がどこまで大きくなれるのか挑戦したい

と思うようになっていきました。

Juan Morel - Greatest Physiques

プロへ

ボクシングを続けつつもボディビルへのあこがれを捨てきれないでいたジュアン。

そして25歳になったジュアンはついに

ボクシングをやめ、プロのボディビルダーになる

という決断を下します。

それまで以上にハードなトレーニングに加え、食事管理も徹底したジュアンの肉体はみるみるうちに成長し、2007年の「NPC East Coast Championships」では2位に入賞するまでに実力を付けます。

そして2011年、「NPC North American Championships」で優勝したジュアンはついにプロカードを獲得。

あこがれていたボディビルダーたちと同じ世界で戦う権利を手にしました。

プロとしての活躍

プロになったジュアンは、複数のプロ戦で優勝するなどして実力を発揮し、Mrオリンピアにも幾度となく出場しています。

が、意外なことにも、ジュアン自身は

自分がMrオリンピアで優勝できるとは思っていない

といいます。

というのも、ボディビルでは才能や遺伝子がかなり大切で、ジュアンは自分にはオリンピアで優勝できるほどの才能はないと考えているようです。

しかしジュアンは、だからと言って自分の身体に妥協しているわけではありません。

常にハードにトレーニングし、自分の限界に挑戦すること自体に楽しみを見出しているというジュアン。

才能を言い訳にするのではなく、徹底的に自分にできることを実行する

という彼の生き方は、僕たちのようなごく普通のトレーニーにとっても大切なことではないでしょうか?

Image result for Juan morel bodybuilder | Bodybuilding, Good looking men,  Body building men

大会成績

2020 Olympia 16位
2019 Japan Pro Men's Bodybuilding 1位
2019 Romania Muscle Fest Pro Men's Bodybuilding 2位
2019 Monsterzym Pro Men's Bodybuilding 2位
2019 Olympia 14位
2019 New York Pro 1位
2019 Arnold Classic South America Pro Men's Bodybuilding 1位
2018 Olympia 16位
2018 Toronto Pro 1位
2018 New York Pro 2位
2017 Arnold Classic Africa 3位
2017 Arnold Classic South America 2位
2017 Arnold Classic 5位
2016 New York Pro 6位
2016 Arnold Classic South America 2位
2016 Arnold Classic 6位
2015 Prague Pro 9位
2015 Arnold Classic Europe 8位
2015 Olympia 11位
2015 Arnold Classic South America 3位
2015 New York Pro 1位
2014 San Marino Pro 6位
2014 Prague Pro 6位
2014 Dubai Pro 5位
2014 Arnold Classic Europe 7位
2014 Olympia 10位
2014 Toronto Pro 1位
2014 New York Pro 2位
2014 Arnold Classic South America 2位
2013 Tampa Pro 2位
2013 New York Pro 3位
2012 Europa Battle of Champions 1位
2012 New York Pro 4位
2011 NPC North American Championships 1位
2011 NPC USA Championships 2位
2010 NPC North American Championships 2位
2010 NPC National Championships 2位
2009 NPC Northeast Grand Prix 1位
2009 NPC Junior Nationals 7位
2008 NPC Eastern USA Championships 2位
RESULTS: Juan Morel wins in Japan to qualify for 2020 Mr. Olympia

トレーニング

プロのボディビルダーとして、かなりハードにトレーニングしているジュアン・モーレル。

基本的には日曜日をオフにし、それ以外の日はダブルスプリット(1日に2回トレーニングする方法)を取り入れているようです。

実際のトレーニングルーティーンは以下のような感じ。

月曜日午前:胸
午後:上腕二頭筋・上腕三頭筋
火曜日午前:肩
午後:背中
水曜日午前:脚(大腿四頭筋)
午後:脚(ハムストリングス)
木曜日午前:胸
午後:上腕二頭筋・上腕三頭筋
金曜日午前:肩
午後:背中
土曜日午前:脚(大腿四頭筋)
午後:脚(ハムストリングス)
日曜日オフ

ダブルスプリットについて詳しくはこちら!

Juan Morel Looks Like An Insane Muscled Beast

食事

130kgを超える巨体を持つジュアン。

その筋肉量は保つだけでも大変で、オフシーズンにはかなりの量の食事をしています。

1日のトータルの摂取カロリーは優に10000kcalを超えることも。

彼の実際の食事内容は以下のような感じです。

1食目プロテインパンケーキ、七面鳥のベーコン、全卵6個、チーズ
2食目(1回目のトレーニング後)牛肉170g、ハンバーガー、ステーキ340g、チーズ
3食目(2回目のトレーニング前)プロテイン、アーモンドミルク、ケーキ、アイスクリーム
4食目(2回目のトレーニング後)Beast Mass(サプリメント)
5食目ピザ、イカフライ、チキン、ミートソーススパゲッティ
6食目全卵5個、チーズ、七面鳥のベーコン、ベーグル

ちなみに、サプリメントとしては

  • プロテイン
  • BCAA
  • クレアチン
  • フィッシュオイル
  • マルチビタミン

を摂っているようです。

Juan Morel - Greatest Physiques

まとめ

ボディビルダー、ジュアン・モーレルについて紹介してきました。

自身の才能の限界を認めつつも、昨日の自分を超えるため、できることに全力を尽くす

というジュアンの生き方はかっこよく、心に刺さりますね。

以上、『ジュアン・モーレルってどんな人?【経歴からトレーニング、食事まで】』でした!

タイトルとURLをコピーしました