ザックアインズリーってどんな人?【経歴からトレーニング、食事まで】

選手紹介

フィジーク選手やフィットネスモデルとして活躍中のザックアインズリー

公式インスタグラムのフォロワーは148万人を超えるなど世界的な人気を誇り、日本にも彼のファンは多いでしょう。

この記事では、そんなザックアインズリーについて紹介していきます。

プロフィール

本名:ザック・アインズリー(Zac Aynsley)
愛称:Mr. Biceps
出身:イギリス・ノーサンバーランド
生年月日:1994年7月2日
身長:183cm
体重:83.9-88.5kg

経歴

生い立ち

幼少期はスポーツに全く興味を示さず、甘いものや加工食品が大好きで食生活も悪かったというザック。

当時はガリガリで、体型のことをよくクラスメイトに馬鹿にされていました。

継続的ないじめを受けてパニック障害になってしまい、家に引きこもってしまいます。

現実から目を背けようとテレビゲームに夢中になっていたザックですが、あるとき友人から誘われたことをきっかけにクラブに通い始めます。

単調な毎日に嫌気がさしていたこともあってクラブに熱中していったザックは15歳でDJデビュー

その後DJとして人気を集めていたザックは次第に自分に対する自信を取り戻しでいき、各地のイベントにも呼ばれるようになっていきました。

体調の悪化

その後も各地のイベントを回っていたザック。

DJとして充実していく半面、昼夜逆転の生活やお酒の飲みすぎのせいで体調は悪化していきます。

医者に診てもらったところ、彼の内臓はボロボロで、「50歳とおなじ肝臓だ」とまで言われてしまいます。

さすがにショックを受けたザックは健康的な生活を送ることを決意したのでした。

Lifestyle Transformation - DJ to Fitness Model - Zac Aynsley 2011 - 2016 -  YouTube

フィットネスの道へ

健康的な生活を意識し始めた彼は、アーノルド・シュワルツェネッガーの写真を見てさらにモチベーションを高め、ジムにも通い出します。

本格的なトレーニングをはじめ、食事内容も見直していったザックは、わずか数週間で自分が大きく、強くなっていっていることを実感します

その後もトレーニングを積み、栄養の知識を蓄え、より身体のレベルを高めていったザック。

あるときフロリダの有名写真家からオファーを受け、フィットネスモデルとして活動し始めます。

このチャンスをつかみフィットネス界で一躍有名になったザック。

アーノルド・シュワルツェネッガーやフィル・ヒースなどのレジェンドたちからも認められるようになっていきました。

現在

ザックは現在はプロにはなっていないものの、世界各地の大会に出場し活躍しています。

また、トレーナーとしての活動やフィットネスモデル、テレビ出演、YouTubeなど、選手以外の面でも多岐にわたってその才能を発揮しています。

Zac Aynsley | Profile | Bio | Stats

トレーニング

ザックは高重量を扱いつつもセット間のインターバルを短くし、短時間でハイボリュームをこなすトレーニングを好んでいます。

また、「Mr. Biceps」という異名からもわかるように、素晴らしい腕をもっているザック。

いちばん好きなトレーニングはバーベルカールだそうです。

では、具体的なメニューを見ていきましょう。

  • サイドレイズ
  • ダンベルショルダープレス
  • バーベルフロントレイズ
  • マシンショルダープレス
  • リアレイズ
  • ダンベルフロントレイズ

  • ベンチプレス
  • スミスマシンベンチプレス
  • ケーブルフライ

  • ダンベルカール
  • ケーブルカール
  • バーベルカール
  • トライセップエクステンション
  • スカルクラッシャー

背中

  • ケーブルプルオーバー
  • ベントオーバーロウ
  • ダンベルロウイング
  • ケーブルロウ
  • バーベル・シュラッグ

  • シーテッドレッグカール
  • レッグエクステンション
  • レッグプレス
  • バーベルスクワット
Zac Aynsley YouTubeチャンネルアナリティクスとレポート - NoxInfluencer

食事

もともと代謝がよく、やせ型だったザック。

筋量を維持するために、減量期でも1日に3200~4000kcalを摂取しているそうです。

食べ物の質にもこだわっていて、

タンパク質→チキンや赤身の肉などリーンなもの
炭水化物→白米、全粒粉パスタ、野菜、果物など
脂質→オリーブオイル、ナッツ類、ピーナッツバターなど

から意識的に摂取しています。

たまにチートミールを食べることはあるものの、1年を通してある程度絞れた身体をキープするため、食べ過ぎは避けているようです。

実際の食事メニュー例は以下のような感じです。

1食目卵白3個、卵黄2個、オートミール50g、牛乳200mlバナナ1本
2食目チキン約140g、さつまいも約226g、バナナ1本、全粒粉パン2枚
3食目チキン約140g、玄米50g、フルーツ1個、サラダ
4食目卵白3個、オートミール50g、リンゴ1個、魚約140g、野菜200g
5食目リンゴ1個、ヨーグルト約226g、カッテージチーズ50gプロテイン1杯
6食目(トレーニング前)プロテイン、玄米
7食目(トレーニング後)プロテイン、ホワイトポテト、L-グルマチンサプリ
8食目ステーキ約140g、卵白1個、さつまいも約113g、BCAAサプリ2錠
9食目カゼインプロテイン
DJからフィットネスモデルへ zac aynsley(ザック・アインズリー) – FITVISTA-WORKOUT

まとめ

ザック・アインズリーの経歴やトレーニング、食事内容を紹介してきました!

一度挫折を経験し、つらい過去を乗り越えた彼だからこそ、今の人気と実力があるのかもしれませんね。

フィジーカーとして、フィットネスモデルとして、インフルエンサーとして活躍を続けるザック。

今後の活躍にも注目していきましょう!

以上、『ザックアインズリーってどんな人?【経歴からトレーニング、食事まで】』でした!

タイトルとURLをコピーしました