サディク・ハゾビックってどんな人?【経歴からトレーニング、食事まで】

選手紹介

フィジークのお手本のような美しい肉体と端正なルックスで大人気のフィジーカー、サディク・ハゾビック

今回の記事では、日本でも大人気の彼の経歴やトレーニング方法について紹介していきます!

プロフィール

本名:サディク・ハゾビック(Sadik Hadzovic)
愛称:Thr Physique
出身:ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日:1987年6月8日
身長:180cm
体重:83.9-88.5kg
胸囲:116cm
上腕:45cm
ウエスト:76cm

経歴

生い立ち

ボスニア・ヘルツェゴビナに生を受けたサディク・ハゾビック。

当時のボスニアは戦争の混乱のさなかにあり、サディクは厳しい幼少期を送ることになります

よりよい生活を求めたサディク一家は難民としてアメリカへの移住します。

ニューヨークで新しい生活を始めたサディク。

真面目で働き者の両親のもと、サディクは一生懸命がんばることの大切さを学びつつ成長していきます。

当時から漫画のスーパーヒーローにあこがれていたというサディク。

彼はひそかにヒーローのような鍛え上げられた肉体を目指すようになり、ウエイトトレーニングを始めました。

失敗と成長

ジムに通い始めて数年間、ハードなトレーニングを継続していたサディク。

しかし、なかなか筋肉は成長せず、目標としていたヒーローのような身体に近づいている気がしなくなってきます。

自分のやってきたことを振り返り、どうすれば理想の肉体に近づけるのか考えた結果、食事の量が全く足りていなかったことに気づきます。

食生活を改善し、クリーンに、こまめに食事を摂るようになったサディクの身体は徐々に変化していきました。

サディクハゾビック Sadik Hadzovicをwiki風に解説|経歴・トレ・食事|ダイナマイト息子|note

大会出場

ハードなトレーニングと充分な量と質の食事をこなしていったサディク。

24歳のころにはトレーニングを始めた当初からは考えられないほどの筋量になっていました。

自分に対する自信とフットネスへの情熱を手に入れたサディク

いつしか彼の目標は漫画のヒーローのような身体になることから、プロのボディビルダーになることへと変わっていました。

2011年に初めて大会に出場し3位という好成績を収めます。

その後もさまざまな経験を積み、多くのアスリートと交流してモチベーションを高めていきました。

プロへ

より高みを目指してトレーニングに励んでいったサディク。

一日も欠かさずにジムに行ってトレーニングしていたと言います。

ハードワークの甲斐もあり、わずか1年後の2012年には「NPC Metropolitan Championships」で大会初優勝を果たします。

その年にさらに3つの大会に出場し、うち2つで優勝するという活躍を見せたサディク。

次第に期待の若手フィジーカーとして注目を集めるようになります。

「NPC Junior National Championships」で優勝したことでプロカードを獲得

25歳にして、プロのボディビルダーになるという夢をかなえました。

2015 Arnold Classic Men's Physique: Sadik Hadzovic Wins Inaugural Title

プロとしての活躍

プロとして初めて出場した「IFBB Greater Gulf States Pro」では2位に入賞。

プロの世界でも十分に通用することを世界に知らしめます。

2013年にはMrオリンピアにも出場を果たし、4位入賞。翌年には2位にまで上り詰めています

名実ともにトップフィジーカーとなったサディク。

現在は活躍の場をメンズフィジーク部門からクラッシックフィジーク部門へと移しています。

また、オンラインサロンを実施して若手の育成に力を入れたり、インスタなどでインフルエンサーとしての影響力を発揮したりと、多方面で活躍しています。

Sadik hadzovic Archive | Evrox Fitness Studio

大会成績

2011 NPC Eastern USA Championships 3位
2012 NPC Metropolitan Championships 1位
2012 NPC Metropolitan Championships 1位
2012 NPC Junior USA Championships Men's Physique Division 2位
2012 NPC Junior National Championships 1位
2012 IFBB Greater Gulf States Pro 2位
2012 IFBB Orange County Muscle Classic 2位
2012 IFBB Valenti Gold Cup Pro 1位
2013 IFBB New York Pro 1位
2013 IFBB Olympia Weekend 4位
2014 IFBB PBW Tampa Pro 1位
2014 IFBB Olympia Weekend 2位
2015 IFBB Arnold Sports Festival 1位
2015 IFBB Olympia weekend 2位
2016 IFBB Olympia weekend 3位
2017 IFBB Olympia weekend 7位
Sadik Hadzovic Wallpapers - Wallpaper Cave

トレーニング

サディクは、高重量を扱いつつもレップ数でも妥協しないハードなトレーニングが筋肥大には不可欠だ、と考えているようです。

また、単調な有酸素運動は身体のメリハリがなくなる原因になると考えているようで、有酸素運動としては

1分間ダッシュして1分間インターバルをとる

といったHIITトレーニングを取り入れているようです。

週に何回かは完全な休養を取るのがボディビルの世界では一般的ですが、サディクは基本的にオフはつくらず、毎日トレーニングしているそうです。

具体的なトレーニングメニューとルーティーンは以下の通りです。

月曜日:背中

デッドリフト 11-13回5セット
ラットプルダウン 11-13回4セット
バーベルベントオーバーロウ 11-13回4セット
アンダーハンド・プルアップ 11-13回3セット
シーテッドケーブルロウ 11-13回4セット
オーバーハンド・プルアップ 限界まで1セット
「sadik hadzovic bask workout」の画像検索結果

火曜日:胸

インクラインダンベルフライ 11-13回4セット
インクラインベンチプレス 11-13回5セット
マシンフライ 11-13回4セット
ベンチプレス 11-13回5セット
ケーブルフライ 11-13回3セット
デクラインマシンプレス 11-13回4セット
プッシュアップ 限界まで1セット
「sadik hadzovic chest workout」の画像検索結果

水曜日:有酸素運動

1分ダッシュ・1分インターバルを5セット

木曜日:脚

レッグプレス 11-13回5セット
レッグエクステンション 11-13回5セット
ライイングレッグカール 11-13回5セット
ドンキーカーフレイズ 11-13回6セット
スクワット 11-13回4セット
ウォーキングランジ 限界まで
「sadik hadzovic leg workout」の画像検索結果

金曜日:腕

シーテッドプリーチャーカール 11-13回4セット
デクラインフレンチカール 11-13回5セット
スタンディングハンマーカール 11-13回4セット
トライセプスプッシュダウン 11-13回5セット
バーベルカール 11-13回3セット
シーテッドオーバーヘッドトライセプスエクステンション 11-13回3セット
「sadik hadzovic arm workout」の画像検索結果

土曜日:腹筋

ケーブルクランチ 11-13回4セット
荷重レッグレイズ 11-13回4セット
オルタネイトレッグアップ 11-13回4セット
プランク 11-13回4セット
荷重トーソツイスト 11-13回4セット
オルタネイトトータッチ 11-13回4セット
ハンギングレッグレイズ 限界まで1セット
「sadik hadzovic abds workout」の画像検索結果

日曜日:肩

ダンベルショルダープレス 11-13回5セット
シーテッドダンベルサイドレイズ 11-13回5セット
シーテッドダンベルフロントレイズ 11-13回3セット
バーベルシュラッグ 11-13回4セット
バーベルスタンディングミリタリープレス 11-13回4セット
スタンディングダンベルアーノルドプレス 11-13回3セット
「sadik hadzovic shoulder workout」の画像検索結果

食事

サディクは1年を通してパレオダイエットという方法を採用しており、乳製品は食べないそうです。

1日の摂取カロリーは2500-2750kcakで、タンパク質と炭水化物の割合を2:1で割り振っています。

また、サディクの食事管理はそこまで厳しくなく、チートミールとしてピザや寿司などを食べることもあるそうです。

具体的な食事メニューは以下のような感じ。

1食目チキンか七面鳥227gまたは卵白8-10個、オーツ半カップ
2食目赤身の肉227g、白米1カップ
3食目魚227g、大きめのポテト
4食目プロテイン
5食目魚227g、アスパラガスかブロッコリー
6食目チキンか七面鳥227gまたは卵白8-10個、黄身かアーモンド

また、サディクが摂取しているサプリメントは以下の通りです。

  • ホエイプロテイン
  • ヨヒンビン
  • L-カルニチン
  • グルタミン
  • クレアチン
  • フィッシュオイル
  • マルチビタミン
「sadik hadzovic」の画像検索結果

まとめ

大人気フィジーカー、サディク・ハゾビックについて紹介してきました!

彼のような美しい肉体を目指して筋トレに打ち込んでいきたいですね!

以上、『サディク・ハゾビックってどんな人?【経歴からトレーニング、食事まで】』でした!

タイトルとURLをコピーしました