ローガン・フランクリンってどんな人?【クラシックフィジークで才能開花!?】

選手紹介

ローガン・フランクリンという選手をご存じでしょうか?

もともとはメンズフィジークの選手だったのですが、クラシックフィジークに移行してからというものその才能が開花。

今大注目の選手の一人です。

ということで、この記事では、ローガン・フランクリンの経歴やトレーニングについて紹介していきます。

プロフィール

本名:ローガン・フランクリン(Logan Franklin)
出身:アメリカ合衆国テキサス州
生年月日:1991年
身長:180cm
体重:83.9-88.5kg

経歴

生い立ち

カウボーイの町、テキサスで生まれ育ったローガン・フランクリンは幼いころから活発な子供でした。

高校生のころは少し小柄だったそうですが、アメフト、バスケ、モトクロスレーシングなどに熱中し、スポーツずくしの青春を送りました。

ある日のアメフトの練習で初めてベンチプレスを行ったフランクリンは、チームの誰もが自分より重い重量を上げていることにショックを受けます。

それがきっかけでトレーニングに興味をもったフランクリン。

14歳のころには父親に頼み込んでホームジムまで作ってしまいました。

アメリカ軍へ

トレーニングを重ねていったフランクリンの身体は少しずつではあるものの着実に成長していきます。

高校を卒業後はアメリカ軍に入隊したフランクリンは、アフガニスタンで13カ月、韓国の部隊で4年間、軍人としての職務を全うします。

2014年6月14日、5年の職務を終えたフランクリンは新たな目標を胸に帰ってきます。

軍隊の厳しい環境で生活したことでトレーニングに対するモチベーションが上がった彼は、プロのボディビルダーになるという目標にむけて進み始めました。

Logan Franklin on Instagram: “22 years old to 27 _ Do you want to learn  more about me, what drives me & how I got to wh… | Fitness body, Fitness  goals, Fitness tips

プロへ

帰還からわずか4カ月後、フランクリンは「Formulation 1 Classic」という大会で優勝を果たします。

そのまた4日後に開催された「Nationals」でも優勝し、あっという間にプロカードを手に入れました。

2016年にはMrオリンピアに出場を果たすなど、プロとしても活躍し始めます。

クラシックフィジークへ

2018年まではメンズフィジーク部門で活躍し、「Arnold Classic」では最高4位に、「Mr Olympia」では最高7位に入賞するなどの活躍を見せたフランクリンですが、なかなか優勝には届きません。

そこで彼は主戦場をメンスフィジークからクラシックフィジークへと移します。

クラシックフィジーク移行後初の大会である「Tanpa Pro」でいきなり3位という好成績を残し、今後の活躍が期待されています。

Logan Franklinの背中から羽が消えた!】 - 皆の力でフィットネスを文化に

大会成績

2016 New York Pro 4位
2016 Mr Olympia 9位
2017 New York Pro 6位
2017 Mr Olympia 7位
2018 Arnold Classic Ohio 4位
2018 Mr Olympia 11位
2019 Arnold Classic Ohio 4位
2019 Tanpa Pro 3位
2020 New York Pro 1位
2020 Mr Olympia 9位
I know its not a beauty contest...but what the hell happened to logan  franklin's face? : bodybuilding

トレーニング

フランクリンはトレーニングにおいて、「鍛えている筋肉をしっかり意識する」ということを大切にしています。

回数は10-20回と少し多めにすると身体の反応がいいそうです。

また、ウエイトトレーニングだけでなく、ジムまでの3~5kmくらいの道のりをランニングしたりもするそうです。

ちなみに、彼の一番好きなトレーニングはスクワットです。

では、実際のメニュー例を見ていきましょう。

月曜日:胸・上腕二頭筋

スミスインクラインプレス 10-15回4セット
インクラインダンベルフライ 12-15回3セット
ベンチプレス 12-15回3セット
ディップス 12-15回2セット
ケーブルクロスオーバー 12-15回2セット
ストレートバーベルカール 12-20回4セット
コンセントレーションカール 12-20回4セット
マシンEZバーカール 12-15回3セット

火曜日:脚・肩中部

レッグエクステンション 20-30回4セット
スクワット 15-20回3セット
バーベルウォーキングランジ 150歩3セット
ライイングレッグカール 12-20回5セット
シーテッドダンベルラテラルレイス 12-20回5セット
ダンベルアップライトロウ 12-15回3セット
ケーブルラテラルレイズ 12-15回3セット

水曜日:背中・上腕三頭筋

プルアップ 15回3セット
Tバーロウ 10-15回4セット
トップサイドデッドリフト 8-12回3セット
バーベルロウ 10-15回4セット
シーテッドケーブルロウ 15回3セット
トライアングルバープレスダウン 12-20回4セット
クローズグリップベンチプレス 10-15回4セット
オーバーヘッドダンベルエクステンション 12-15回4セット
ダンベルキックバック 15回3セット
ローププッシュダウン 15回3セット

木曜日:オフ

金曜日:肩

バーベルシュラッグ 10-15回4セット
ダンベルシュラッグ 12-15回3セット
シーテッドダンベルラテラルレイズ 12-15回5セット
ミリタリープレス 12回4セット
リバースダンベルフライ 12-15回4セット
ダンベルアップライトロウ 12-15回4セット

土曜日:脚

スティフレッグデッドリフト 15-20回4セット
シーテッドレッグカール 15回3セット
バーベルウォーキングランジ 150歩3セット
アブダクション 40回3セット

日曜日:有酸素運動

Logan Franklin - The Fit Expo

食事

フランクリンは、ボディビルにおいてはバランスが最も重要で、筋量だけを追い求めるのは理想に反すると考えているようです。

そのため増量期はほとんど設けず、一年を通してクリーンな食事を継続しているそうです。

実際の食事メニューの例は以下の通りです。

1食目卵白8個、ヨーグルト、小麦クリーム大さじ4杯
2食目チキン198g、白米198g
3食目ホエイプロテイン、ブランパン2枚
4食目チキン198gまたは牛ひき肉227g、アスパラガス、ブロッコリー、ほうれん草、
グリーンビーンズ、ポテト170g
5食目卵白5個、カゼインプロテイン、オートミール

また、サプリメントは

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • プレワークアウト

のみを摂っているようです。

Logan Franklin - From Men's Physique to Classic Physique Champion

まとめ

ローガン・フランクリンの経歴やトレーニング内容、食事について見てきました。

もともと才能あふれる選手でしたが、クラシックフィジークに移行してさらに輝きを増したフランクリン。

今後の活躍からも目が離せません!

以上、『クラシックフィジークで才能開花!?ローガン・フランクリンってどんな人?』でした!

タイトルとURLをコピーしました