【最強筋肉食材】オートミールとは?【特徴やメリットを解説】

食事

最近ではメディアなどでも取り上げられることがちらほら出てきて、栄養満点で優秀な食材として話題になりがちなオートミール。

ですが、まだまだ一般的な日本人の食生活とはなじみが薄く、

  • オートミールっていったい何者?
  • 健康にいいらしいけど、実際のところどうなの?

なんて疑問を抱いている方も多いかと思います。

ということで今回の記事では、最強の食材『オートミール』について解説していきたいと思います!

オートミールとは?

日本ではなじみの薄いオートミール。

「名前は知っているけど具体的なイメージが湧かない」

という方も多いのではないでしょうか?

オートミールとはずばり

オーツ麦やえん麦を脱穀した食材

です。

麦からできているので、米や小麦のような主食の一種ですね。

見た目的にはシリアルやコーンフレーク、グラノーラに近いです。

食べ方としてはそのまま食べるのではなく、水やお湯、牛乳などとと混ぜておかゆ状にして食べるのが一般的。

海外ドラマで朝ごはんのシーンに食べられている謎のおかゆのようなものを想像してもらうと分かりやすいかと思います。

クッキーなどに混ぜて食べる方法もあります。

また、ここで注意していただきたいのが、

見た目は似ていても、オートミールとグラノーラ類はまったく別もの

ということです。

オートミールが麦を脱穀しただけものもなのに対し、グラノーラ類は油やハチミツなどを加えて焼いた加工食品のことを指しています。

オートミールが健康に大きなメリットを持つ一方、グラノーラはハイカロリーで余計な成分も多く含まれていることが多いです。

オートミールだと思ってグラノーラを食べていた

なんてことがないようにだけ気を付けてください。

Frozen porridge: the healthy breakfast that everyone likes

オートミールの栄養素

では、オートミールがどんなものなのか探っていきましょう!

オートミールの100gあたりの栄養成分は以下のような感じです。

オートミール100 gあたりの栄養成分

エネルギー380 kcal
炭水化物
 糖質
 食物繊維
69.1 g
59.7g
9.4 g
脂質5.7 g
タンパク質13.7 g

普段栄養成分を気にしていない方にはわかりにくいかもしれませんが、この栄養成分、実はめちゃくちゃ優秀です。

正直、穀物や主食としては間違いなく最強レベルです。

参考までに、おなじ主食として日本人にとって最も親しみの深い白米の栄養成分についても載せておきます。

白米100g(炊いた後)あたりの栄養成分

エネルギー168kcal
炭水化物
 糖質
 食物繊維
37.1g
36.8g
0.3g
脂質0.3g
タンパク質2.5g

ここで

あれ、オートミールの方がカロリーも糖質も高いじゃん!

と思った方も多いでしょう。

たしかに100gあたりの成分で比べるとオートミールはカロリーも糖質も少し多めに見えますね。

しかし、一食あたりの栄養素で見るとかなり印象は変わってきます。

オートミールは一食あたりだいたい30gなので、一食あたりの栄養素で考えると

エネルギー114kcal 炭水化物20.7g

となります。

一方白米はお茶碗一杯がだいたい150gくらいなので、一食当たりは

エネルギー252kcal 炭水化物55.7g

です。

こうして一食あたりで比較すると、オートミールがヘルシーで優秀なことが一目両全ですね。

Healthy Oats Recipes for Weight Loss: Benefits and Tips

オートミールのメリット

では、オートミールのメリットは何なのかについて紹介していきます。

正直、オートミールのメリットは数え出したらキリがありません。

それくらい優秀な食材であるオートミールですが、中でも大きなメリットとして

  • タンパク質が豊富
  • 食物繊維が豊富でバランスもいい
  • 調理・管理しやすい

という3つが挙げられます。

では、ひとつづつ解説していきます。

タンパク質が豊富

  • 筋肉を成長させる
  • 肌、爪、皮膚などの状態を良く保つ
  • ホルモンの成分となる

などボディメイクだけでなく健康的な生活を営むうえでも重要になってくるタンパク質ですが、一般的な食生活では不足しがちです。

そこで注目したいメリットが

オートミールにはタンパク質が豊富

ということ。

オートミール100gに含まれているタンパク質は13.7g。

これ、穀物としては間違いなく最強レベルです。

オートミールによって、肉や魚に頼らずに日々不足しがちなタンパク質を補えるわけです。

また、高たんぱくな食材は価格だ高くなりがちですが、オートミールかかなり安く手に入るのもうれしい点です。

さらに、一説によると

オートミールのアミノ酸スコアは100

という話もあります。

オートミールは穀物であるにも関わらず

安く、手軽に、質のいいタンパク質を取れる

というわけですね。

食物繊維が豊富でバランスもいい

オートミールの最大のメリットといえるのが

食物繊維が豊富でバランスもいい

ということです。

食物繊維が豊富

オートミールには100gあたり9.4gもの食物繊維が含まれています。

食物繊維のもつメリットとしては

  • 血糖値が上がりにくくなる
  • 腸内環境が整う
  • 満腹感を得やすい

ということが挙げられます。

血糖値が上がりにくくなる

食物繊維のうち水溶性食物繊維という種類のものは、胃に入るとゲル状になり、ほかの食べ物を包み込んでくれます。

そのため食材の吸収が緩やかになり、血糖値の急上昇が抑えられるんです。

血糖値が急上昇することの問題点についてはこちらで詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

腸内環境が整う

食物繊維には腸内の悪玉菌を減少させてくれるはたらきがあります。

そのため体内での善玉菌と悪玉菌のバランスが保ちやすくなり、腸内環境も整うわけです。

満腹感を得やすい

食物繊維によって食べ物の吸収はゆっくりになります。

そのため食物繊維を豊富に含んだオートミールは腹持ちがよく、少量でも満腹感を得やすいんです。

食物繊維のバランスがいい

また、オートミールは食物繊維のバランスも非常に優秀です。

食物繊維には

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

の2種類があります。

健康的なイメージの強い食物繊維ですが、水溶性と不溶性のバランスがどちらかに偏ってしまうと

  • 腸内にガスがたまりやすくなる
  • 腸内で有害な菌が増殖しやすくなる
  • おなかの調子が悪くなる

といったデメリットもあるんです。

そんな食物繊維ですが、理想的とされているバランスは

水溶性:不溶性=1:2

です。

この点でも心強い味方になってくれるのがオートミールです。

オートミールには100gあたり

水溶性食物繊維3.2g、不溶性食物線維6.2g

が含まれています。

食物繊維が豊富なだけでなく、そのバランスもほぼ完ぺきなことが分かりますね。

調理・管理しやすい

どんなに健康にいい食材でも、調理に手間がかかったり、保存しにくかったりすると、継続的に食べ続けるのは難しいですよね。

この点でも優秀さを発揮するのがオートミール。

オートミールは水やお湯をかけるだけで食べられます。

真面目な話、調理時間は1分もかかりません

さらに賞味期限も約1年程度はあり、常温で保存できるため管理も簡単です。

しかも価格も安い。

米は炊くのが面倒だったり、パンは腐りやすかったりすることからもオートミールの使い勝手の良さが分かりますね。

Nutrición: El poder de la avena… ¡inclúyela en tu desayuno diario! | Voces  de la Region Lima

オートミールのデメリット

数多くのメリットをもつ最強食材オートミールですが、ひとつだけ弱点があります。

それが、味。

決してまずくはありません。

が、麦特有の風味や噛み応えがあり、少し苦手に感じる人がいるのも事実です。

日本ではなじみの薄い食材でもあるので、慣れるまでは食べにくく感じるかもしれません

どうしても味が苦手な方は

  • お茶漬けやだしを入れて和風にする
  • ハチミツやシロップを入れて甘いおやつ感覚で食べる

という方法もあるので、ぜひ試してみてください。

個人的には

オートミールに好きなフレーバーのプロテインを混ぜる

というのがおすすです。

4 of the Best Foods to Eat Before a Workout

まとめ

オートミールの栄養素メリット・デメリットについて解説してきました。

味に癖が強いというデメリットはあるものの、それ以上に数多くのメリットを持つオートミール。

個人的には、オートミールは食べない理由の見つからない最強食材だと思っています。

是非皆さんの食生活にオートミールを取り入れてみてください!

以上、『【最強筋肉食材】オートミールとは?【特徴やメリットを解説】』でした!

タイトルとURLをコピーしました