【最高の脂質】フィッシュオイルが筋トレにおすすめな理由とは?

サプリメント

トレーニングをしている方、ダイエットをしている方の中には

脂質はボディメイクの敵

というようなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

確かに脂質の摂りすぎには様々なデメリットがありますが、すべての脂質が身体に悪いわけではありません

中でも、魚や魚介類に多く含まれている

フィッシュオイル

には、ボディメイクだけでなく、健康面でもさまざまなメリットがあり、ぜひとも積極的に摂取したい脂質の一種です。

ということでこの記事では

フィッシュオイルのメリットや摂取量、摂取の仕方などについて紹介していきます!

フィッシュオイルとは

フィッシュオイルとは、その名の通り

魚から抽出した脂肪酸のサプリメント

です。

ひとくくりに脂肪酸と言っても、その種類は身体にいいものから悪いものまで様々です。

そんな脂肪酸の中でも身体に良いと言わているのが

n-3系の多価不飽和脂肪酸

という種類のもの。

というのも、このn-3系多価不飽和脂肪酸には

  • 中性脂肪を減少させる
  • 血液の凝固を妨げる
  • 脳機能を向上させる

などのメリットがたくさんあるんです。

実は、魚に含まれている油には、このn-3系の脂肪酸に分類される

DHA・EPA

という脂肪酸が豊富に含まれているんです。

これが

フィッシュオイルは健康にいい

と言われている由縁ですね。

いわゆる「良い脂質」「悪い脂質」について詳しくはこちら!

フィッシュオイルのメリット

フィッシュオイルと摂取すると具体的にどんな良いことがあるのかチェックしていきましょう。

かなり多くのメリットがあるため、

  • トレーニング面
  • 健康面

の2つの観点からまとめていきます。

減量期の筋トレでフィッシュオイルを摂る2つの理由|だから差が出る|グロウアップマガジン

【トレーニング面】

トレーニングにおけるフィッシュオイルのメリットとしては

  • 筋肉の成長を促進
  • トレーニングの質が向上
  • 筋肉の疲労回復・分解抑制

が挙げられます。

筋肉の成長を促進

フィッシュオイルに含まれるDHAやEPAには

インスリン

という物質の働きを活性化させる作用があります。

インスリンには

  • 血液中で栄養素を運ぶ
  • 成長ホルモンやテストステロンの分泌を促進する

という役割があります。

そのため、インスリンの活性化によって筋肉の成長が促されるわけです。

さらに、成長ホルモンには

体脂肪の増加を抑制する

働きもあるため、ボディメイクするうえでは一石二鳥と言えるでしょう。

トレーニングの質の向上

DHAやEPAには

インスリンの働きを促進させ、吸収した栄養素を身体の隅々まで運ぶ

という役割があります。

そのため、筋肉でより多くの栄養素をエネルギーとして活用できるようになり、トレーニングの質や強度の向上も期待できます

筋肉の疲労回復・分解抑制

フィッシュオイルには抗酸化作用があると言われています。

これは

活性酸素を取り除き、体内の酸化や炎症を防ぐ

という作用です。

体内で起こる酸化や炎症を抑えることで、疲労感の軽減や回復速度の上昇につながります。

また、EPAには筋肉の分解を防ぐ働きも確認されています。

スポーツ栄養士が教える】人気サプリメント5種類の摂取方法と効果 | トレーニング | レッドブル

【健康面】

健康という観点から見てもフィッシュオイルは優秀です。

  • 脳機能の維持・向上
  • 血流の改善
  • 中性脂肪の分解

などの効果を発揮してくれます。

脳機能の維持・向上

フィッシュオイルに含まれているDHAには

脳内でのメッセージの伝達・接続など、神経細胞間の通信を活性化する

というはたらきがあります。

そのため、フィッシュオイルによって

  • 脳細胞の働きの活性化
  • 記憶力の向上

などの効果が期待できます。

これが

魚を食べると頭がよくなる

と言われている由縁ですね。

血流の改善

フィッシュオイルに含まれるEPAには

血液の凝固を妨げる

という作用があります。

そのため血液がさらさらになり、動脈硬化系の疾患のリスクを低下させてくれます。

中性脂肪の分解

EPAは

血液中の中性脂肪を分解する

という働きも担っています。

そのため、フィッシュオイルは

  • 肥満
  • 脂質異常症
  • 動脈硬化

などの対策としてももってこいです。

Benefits Of Fish Oil In Bodybuilding: How Fish Oil Helps You To Recover  Faster

摂取基準は?

トレーニング面でも健康面でも多くのメリットのあるフィッシュオイルですが、具体的にどれくらいとればいいのでしょうか?

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によると、n-3系の多価不飽和脂肪酸の目標摂取量は

男性:2.0~2.4g
女性:1.6~2.0g

とされています。

食品でいうとサバ缶1缶程度、サプリメントなら約1~2錠くらいの量ですね。

ここで注意していただきたいのが

いくら身体に良いと言っても、過剰摂取はよくない

ということです。

フィッシュオイルは確かに多くのメリットを持っていますが、

摂れば摂るほどいい

ということはありません。

過剰摂取してしまうと

血液がさらさらになりすぎて、出血時に血がとまらなくなる

というデメリットも出てきます。

体調や体質、摂取基準などを考慮しつつ、適度な摂取を心がけましょう。

フィッシュオイルは筋トレにいい! | moriooBLOG

いつ摂取すべき?

フィッシュオイルを摂取するタイミングは、ずばり

朝ごはんのとき

がおすすめです。

とある研究によると

DHA・EPAを

  • 朝に摂取したマウス
  • 夕方に摂取したマウス

で比較したところ、朝に摂取したマウスの方が

血液中のDHA・EPAの濃度が高い
血液・肝臓の中性脂肪量が低い

という結果が得られたそうです。

この研究結果がどれくらい人間にも当てはまるのかはまだ不明ですが、傾向としては、フィッシュオイルは朝に摂取した方か良さそうです。

また、サプリメントを2錠以上摂取する場合は、

朝に1回・夕方に1回

のように小分けにして摂取すると、より吸収されやすくなりおすすめです。

3 Impressive Fish Oil for Weight Loss Benefits | Vitagene

まとめ

身体にいい脂質の代表例、フィッシュオイルについて紹介してきました。

フィッシュオイルは、ハードにトレーニングしたい方からダイエットに興味のある方、健康的な生活を送りたい方まで、多くの人におすすめできます。

  • トレーニング
  • 食事
  • 休養

というフィットネスの基本にフィッシュオイルを組み合わせることで、より効果的で健康的なボディメイクを楽しみましょう!

以上、『【最高の脂質】フィッシュオイルが筋トレにおすすめな理由とは?』でした!

タイトルとURLをコピーしました