ビクター・マルティネスってどんな人?【ドミニン・ドミネーター】

選手紹介

今回の記事では、「ドミニカン・ドミネーター」の異名を持つボディビルダー、ビクター・マルティネスについて紹介します。

アーノルドクラシックやMrオリンピアなど、数々の大会でその異名に恥じない好成績を残しているビクターはいったいどんな人物なのでしょうか?

彼の生い立ちや経歴について見ていきましょう。

プロフィール

本名:ビクター・マルティネス(Víctor Martínez)
愛称:Dominican Dominator
出身:ドミニカ共和国、サン・フランシスコ・デ・マコリス
生年月日:1973年7月29日
身長:175cm
体重:108.8-124.7kg
胸囲:150cm
上腕:52cm
ウエスト:86cm
大腿:76cm
カーフ:48cm
前腕:40cm

経歴

生い立ち

ドミニカ共和国で生を受けたビクター・マルティネスは生後まもなくアメリカへ移住し、ニューヨークで幼少期を過ごしました。

幼いころからスポーツが大好きで競争心の強い子供だったビクター。

さまざまなスポーツに挑戦していき、高校ではアメフト部に所属しながら野球やバスケの試合にも出場していました。

ボディビルとの出会い

マーベルのヒーローやWWFのレスラーのような肉体になんとなくあこがれを抱いていたビクター。

高校を卒業後、そのあこがれはボディビルへの興味へと変わっていきました。

次第にボディビルの魅力に取りつかれ、トレーニングに打ち込むようになっていきます。

その結果、19歳になるころにはすでにビルダー顔負けの肉体を手に入れていました。

ボディビルダーとして

1993年に初めて出場した大会では、10代部門でいきなり優勝してしまいました。

この結果をうけ、さらにボディビルにのめりこんでいったビクターですが、すべてがうまくいったわけではありません。

2回目の大会では27位と惨敗。

敗北を真摯に受け止めたビクターはその後大会から遠ざかり、徹底的に弱点改善に集中します。

その結果、1997年にステージに戻ってきたビクターは2つの大会で優勝し、完全復活を果たしました。

プロへ

次第にプロを意識し始めたビクターは、2000年の「NPC Nationals」を目標にさらにハードなトレーニングをこなしていきます。

その甲斐あって見事優勝を果たしたビクターはプロカードを獲得

ドミニカ出身の選手としては史上2人目のプロボディビルダーになりました。

Victor Martinez Looks Primed For A Comeback With Insane Physique Update –  Fitness Volt

プロとして

2001年、「Night of Champions」8位という結果でプロデビューしたビクターは、その後もめきめきと実力をつけていきます。

2003年には同大会で優勝するまでに成長し、2004年には世界最高の大会、Mrオリンピアへの出場を果たします。

特に2007年のビクターの身体は素晴らしく、「Arnold Classic」で優勝、「Mr. Olympia」では準優勝を果たします。

このときの「Mr. Olympia」ではジェイ・カトラーに敗れはしたものの、このジャッジに疑問を感じたファンに

「真の勝者はビクター・マルティネスだ」

と言わしめるほどの身体を持ってきました。

2008年は左ひざの腱を損傷して大会からは遠ざかってしまうものの、2009年に復帰した後もトップビルダーとしての彼の活躍は続きます。

数々の大会で優勝、上位入賞などの華々しい成績を残し、トップビルダーとしての地位と人気を確固たるものにしていきました。

そして現在、2020年に47歳になってなお第一線で活躍し続けています。

私生活

ビクターはボディビルダーとして世界トップで活躍する一方、食品会社のオーナーという顔も持っています。

また、2人の息子と3人の娘に恵まれ父親としての一面もあります。

さらにビクターは人権活動家としても有名で、自閉症の子供の支援などを積極的に行っています。

大会成績

1993 Elmo's Gym, Teenage 1位
1994 NPC Bev Francis Atlantic States 27位
1997 NPC New Jersey Suburban State Bodybuilding Contest 1位
1997 NPC New York Metropolitan Championships 1位
1999 NPC Bev Francis Atlantic States 16位
2000 NPC Junior USA, Heavyweight 1位
2000 NPC Nationals 1位(プロカード取得)
2001 IFBB Night of Champions 8位
2002 IFBB Arnold Classic 13位
2002 IFBB Ironman Pro Invitational 9位
2003 IFBB Night of Champions 1位
2004 IFBB Mr. Olympia 9位
2004 IFBB GNC Show of Strength Pro Championship 1位
2005 IFBB Arnold Classic 7位
2005 IFBB New York Pro Championship 3位
2005 IFBB Mr. Olympia 5位
2005 IFBB San Francisco Pro Invitational 5位
2006 IFBB Arnold Classic 3位
2006 IFBB Mr. Olympia 3位
2007 IFBB Arnold Classic, 1st
2007 IFBB Mr. Olympia 2位
2009 IFBB Arnold Classic 2位
2009 IFBB Mr. Olympia 6位
2010 IFBB Mr. Olympia 8位
2011 IFBB Arnold Classic 3位
2011 IFBB Mr. Olympia 4位
2011 IFBB Arnold Classic Madrid 1位
2013 IFBB New York Pro Championship 2位
2013 IFBB Toronto Pro Supershow 1位
2013 IFBB Mr. Olympia 11位
2013 IFBB Arnold Classic Madrid 5位
2014 IFBB Mr. Olympia 8位
2014 IFBB Arnold Classic 4位
2015 IFBB Mr. Olympia 9位
2016 IFBB Baltimore Pro 1位
2017 IFBB Muscle Mayhem 1位
Victor Martinez bodybuilder: Biography, diet and exercise plan

トレーニング

マスモンスターたちと渡り合える筋肉量だけでなく、バランスよく、均整のとれた体で有名なビクター。

明確な弱点部位が見つかったときはその部位だけ週に3回鍛えるなどして身体全体のプロポーションを整えているそうです。

また、彼は高重量低レップのトレーニングが好きで、この方法がサイズをつけるには一番効果的だと思っているようです。

有酸素運動やHIITトレーニングは減量期にしかしないそうです。

具体的なトレーニングメニュー例は以下の通りです。

インクラインベンチプレス ウォームアップ15回2セット、メイン10回3セット
インクラインダンベルフライ 10回3セット
ハンマーストレングスバーチカル 10回3セット
マシンベンチプレス 10回3セット
ダンベルプルオーバー 10回3セット

背中

プルアップ 10-12回4セット
フロントラットプルダウン 10-12回4セット
Tバーロウ 10-12回4セット
ワンアームダンベルロウ 10-12回4セット
シーテッドケーブルロウ 10-12回4セット

ダンベルローテーターカフ 15-20回5セット
バーベルクリーン&プレス 8回3セット
ダンベルラテラルレイズ 12回3セット
スタンディングシングルダンベルプレス 10-12回3セット
リアデルトマシン 12-15回3セット
バーベルアップライトロウ(ワイドグリップ)12回3セット

上腕二頭筋

ダンベルカール 10回3セット
バーベルカール 10回3セット
コンセントレーションカール 10回3セット
ハンマーカール 10回3セット

上腕三頭筋

クローズグリップベンチプレス 10回3セット
ディップス 10回3セット
ローププッシュダウン 10回3セット
ダンベルキックバック 10回3セット

脚(大腿四頭筋)

レッグエクステンション 15-20回3セット
レッグエクステンション 15-20回3セット
レッグプレス 15-20回4セット
ランジ15回4セット

ハムストリングス

シーテッドレッグカール 20回4セット
スタンディングワンレッグカール 12-15回4セット
ライイングレッグカール 12-15回4セット
スティフレッグデッドリフト 12-15回4セット

カーフ

スタンディングカーフレイズ 12-20回4セット
シーテッドカーフレイズ 15-20回4セット
Victor Martinez - Relentess | MUSCLE INSIDER

食事

トップビルダーとして、ビクターはもちろん食事にも気を使っています。

タンパク質は体重1kgあたり3-4g摂取し、食べ物もクリーンなものにこだわっています。

精神的なストレスや代謝の促進のためにチートミールを食べることもあるそうです。

また、トレーニングの中でも背中と脚は特にハードだと考えており、背中と脚のトレーニングの後は積極的に栄養を摂取するそうです。

実際の食事メニュー例は以下の通りです。

オフシーズン

1食目プロテイン1杯
2食目卵白10個、オートミール2カップ
3食目赤身ステーキ283g、玄米1カップ
4食目チキン283g、ポテト283g
5食目サーモン283g、ブロッコリー1カップ
6食目赤身ステーキ227g、ブロッコリー1カップ

減量期

1食目マルチビタミン
2食目卵白12個、オートミール2カップ、グルタミン
3食目とりむね肉340g、ポテト1個
4食目赤身ステーキ340g、玄米1カップ
5食目(トレーニング前)プレワークアウト
6食目(トレーニング後)プロテイン2杯(脚と背中のトレーニングの後は3杯)
7食目ステーキ340g、米かポテト
8食目とりむね肉340g、サラダ
9食目魚340gかプロテイン
10食目ファットバーナー
Víctor Martínez - Greatest Physiques

まとめ

ドミニカン・ドミネーター、ビクター・マルティネスについて紹介してきました!

その異名に恥じない素晴らしい肉体を経歴を誇るビクター。

彼のような肉体を目指してトレーニングに励みたいですね!

以上、『ビクター・マルティネスってどんな人?【ドミニン・ドミネーター】』でした!

タイトルとURLをコピーしました