ブリオン・アンスリーってどんな人?【クラシックフィジークの体現者】

選手紹介

今回の記事ではブリオン・アンスリーという選手を紹介します。

ボディビルやフィジークは日本でも有名になってきましたが、「クラシックフィジーク」という競技は知らない方も多いのではないでしょうか?

Mrオリンピアには2016年から正式に導入されたクラシックフィジーク。

この部門でブリオンは2017からオリンピア2連覇を果たしこれぞクラシックフィジーク、というひとつの基準を創り上げた選手です。

ということで、そんなブリオンはいったいどんな人物なのか見ていきましょう。

プロフィール

本名:ブリオン・アンスリー(Breon Ansley)
出身:アメリカ合衆国カリフォルニア州ローランドハイツ
生年月日:1979年11月13日
身長:170cm
体重:83.9-88.5kg

経歴

生い立ち

カリフォルニア州ローランドハイツに生まれたブリオン・アンスリーは幼いころからスポーツが大好きで、アメフト、テニス、陸上、水泳などに挑戦していきました。

中でも大得意だったのがアメフトで、ブリオンは大学のアメフトチームでも活躍していました。

しかしアメフト中にケガをしてしまい、競技ができなくなってしまいます

それでも健康とアクティブさは失わないようにしようと思ったブリオンは、アメフトから離れてしまっても筋トレは欠かさず続けていきました

大学卒業後

大学卒業後地元に帰ってきたブリオンは俳優の仕事に興味をもち、オーディションを受けるようになります

マクドナルドやサムスンのCMにも出演するなどしていたブリオンですが、その間もトレーニングは欠かしません。

周囲にフィットネス関連の仕事についている友人が多かったことも影響し、ブリオンの興味は次第にフィットネスに向いていきます。

そして2008年に資格を取得したブリオンは、パーソナルトレーナーとして活動し始めました

「breon ansley」の画像検索結果

ボディビルダーへ

トレーナーとして活動を始めたブリオンは、次第にボディビルの世界にも興味を抱くようになります。

周囲のすすめもあり大会に出場することを決めたブリオンは今まで以上にハードはトレーニングを重ねていきました。

その結果2012年の「NPC Los Angeles Championships」で優勝

翌年の「NPC USA Championships」でも優勝してプロカードを獲得しました。

プロとしても活躍

ブリオンは2014年にプロデビューを果たしますが結果は16位と惨敗。

プロの世界の厳しさを知ったブリオンはそれから1年間大会には出場せず、徹底的に肉体をつくりかえていきます

その結果、2016年に大会復帰を果たすと「IFBB Prestige Crystal Cup」のクラシックフィジーク部門で優勝

その年のMrオリンピアから開催されたクラシックフィジーク部門にも出場し、4位に入賞します。

そして2017年、ブリオンはついにMrオリンピアを制覇。

続く2018年も優勝を果たし、クラシックフィジークの象徴的な存在になりました。

2019年のオリンピアではクリス・バムステッドに惜しくも敗れて3連覇はのがしたものの、そのポイント差はわずか1ポイントでした。

オリンピア奪還を含め、今後のさらなる活躍が期待されています。

Breon Ansley Might Move To 212 Division Next Year But Wants To Do  'Something Spectacular' In Classic Physique First – Fitness Volt

大会成績

2012 NPC Los Angeles Championships 1位
2012 NPC Titans Grand Prix Championships 2位
2013 NPC USA Championships 1位
2014 IFBB New York Pro 16位
2014 IFBB Europa Phoenix 15位
2016 IFBB Prestige Crystal Cup 1位
2016 IFBB Mr. Olympia 4位
2017 IFBB New York Pro 1位
2017 IFBB Mr. Olympia 1位
2018 IFBB Arnold Classic 1位
2018 IFBB Mr. Olympia 1位
2019 Olympia Classic Physique 2位
2019 Yamamoto Cup Pro Classic Men's Physique 1位
2020 Olympia Classic Physique 3位
Breon Ansley Hints at Potential Move to 212, Still Has Unfinished Business  in Classic

トレーニング

パーソナルトレーナーとしても活躍し、トレーニングに関しては知識も経験も一流なブリオン。

そんなブリオンがトレーニングにおいて最も大切にしているのは

ボリュームを最も重視する

とうい基本的な考え方です。

高重量を扱いつつもレップ数でも妥協せず、限界まで追い込んでいくそうです。

基本的な分割は背中、胸、脚、肩の4分割

特に好きなのは背中のトレーニングで、以前は苦手だったそうですが集中的に鍛えていくうちに好きになっていったようです。

また、ブリオンは

「Body Follows Mind(肉体は精神に従う)」

という格言が好きで、この格言をトレーニングにも活かしています。

毎朝起きるとすぐに瞑想し、トレーニングへの集中力やモチベーションを高めているそうです。

ブレオン・アンスリー Breon Ansleyの全て|遅咲きのチャンピオン|ダイナマイト息子|note

食事

ボディビルダーでもありトレーナーでもあるブリオンは栄養の知識も豊富で、今でもネットや本で得た知識を自分の身体で試しながらより良い食事や栄養摂取を模索しているそうです。

また、オフシーズンにも食べ物の質にはこだわり、炭水化物は玄米やさつまいも、ヤム芋などの質のいい複合炭水化物から、タンパク質はチキンやターキーなどの脂質の少ない肉類から多く摂るようにしています。

サーモン、マグロ、タラなどの魚もよく食べるそうです。

また、オフシーズンにはチートミールを食べることもあり、その時はピザ、ハンバーガー、揚げ物、チーズケーキなど好きなものを食べるそうです。

まとめ

クラシックフィジークの基礎を築いたボディビルダー、ブリオン・アンスリーについて紹介してきました!

まだまだ今後のボディビル界を引っ張っていってくれるであろうブリオン。

彼の今後の活躍にも期待しましょう!

以上、『ブリオン・アンスリーってどんな人?【クラシックフィジークの体現者】』でした!

タイトルとURLをコピーしました