【おすすめ筋トレ本】「筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト辞典」レビュー!

筋トレ書籍

本記事では

「(身体づくり・筋肥大から体脂肪低減まで)筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト辞典」

という書籍の大まかな内容や、僕が実際に購読してみた感想をシェアしていきたいと思います。

身体づくり

という観点から食事や栄養学の基礎を解説した本として非常に有名なこの本ですが、一トレーニーとしての感想などを共有していくので、ぜひ最後までご覧ください!

購入の経緯

最近では、ネットやYouTubeに多くの情報があふれており、筋トレに関する情報も簡単に手に入るようになってきました。

かくいう僕も、以前までは主にYouTubeから筋トレに関するの情報収集をしていました。

が、トレーニング種目の解説などは多く見かけるのに、食事や栄養に関するものは意外と少ない

ボディメイクには

食事7割・トレーニング3割

と言われることもあるほど食事が需要であるにもかかわらず、ネットの情報には

  • 科学的に根拠のある栄養学の知識
  • 理論的・体系的にまとまった知識

があまりないように感じていました。

そこで

ボディメイクを目的とするうえでベースになるような本はないか?

と知り合いのマッチョに相談したところおすすめされたのがこの

筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト辞典

でした。

監修者紹介

本の内容に移る前に、本の作成い関わった人がどんな人なのか紹介しておきます。

岡田隆

バズーカ岡田 (@okadatakashi_AT) | Twitter

2人の監修者のうち、まず一人目は「バズーカ岡田」の愛称で親しまれる筋肉博士、岡田隆先生

「筋肉博士」というのはニックネームではなく、日体大体育学部の准教授として教鞭をとっておられるマジの筋肉博士です。

自信もボディビルダーとして活躍されておる他、柔道全日本男子チームの体力強化部門長を務めるなどの経歴を持つすごい人。

最近では、YouTubeのチャンネル解説も行い、日本のフィットネス界へ多大な貢献をしている人物です。

竹並恵理

紹介】ゼミナールに潜入しました!!その②【栄養学ゼミナール】 | 横浜医療専門学校NEWS

もう一人の監修者は、管理栄養士、健康・運動指導士、さらには大学の非常勤講師としても活躍されている竹並恵理先生。

日本の元祖筋肉博士といえば東京大学の石井直方教授が有名ですが。実は竹並先生はは東大大学院で石井先生に師事しています。

オリンピックアスリートの栄養サポートを行ったり、超有名なプロテインブランド「SAVAS」の研究開発に関わったりと、日本を代表する栄養のスペシャリストです。

どんな本?

「100点満点の筋トレをやっても、栄養摂取が70点であれば70点の正かしか得られません」

という岡田先生の言葉の通り、筋トレやボディメイクにおいて食事は超重要な要素のひとつ。

その反面、トレーニングの内容やメニュー、フォームなどと比較すると食事の重要性は見逃されがちなのも事実です。

本書は、そこに目を向けた一冊。

筋肉に関する栄養学の基礎を、オールカラー200ページ越えのボリュームで解説している

といのが本書の構成です。

また、竹並先生曰く、

「類書では個人の経験論や筋肉づくりに焦点を当てた栄養戦略の紹介に終わるものが多く見られる」

そうですが、この筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト辞典では、

  • 科学的根拠に基づいた信頼度の高い情報を提供すること
  • 筋肉だけではなく、健康という側面見落とさないこと

が重要視されています。

竹並先生の言葉を借りると、

愛情で筋肉を育てる「筋育」

の精神が盛り込まれた一冊です。

Smart And Muscular Man With A Heap Of Books Stock Photo - Download Image  Now - iStock

本の内容は?

具体的な本の内容は以下のような感じ。

序章   筋肉の成分と筋肥大の仕組み
第1章 食事と3大栄養素
第2章 タンパク質の摂り方
第3章 PFCバランス
第4章 筋肥大に有効な栄養素
第5章 プロテインとサプリメント
第6章 筋肥大のテクニック(食生活編)
第7章 筋肥大のテクニック(日常生活編)
第8章 高たんぱく食品&レシピ

序章では

  • タンパク質やアミノ酸の基礎
  • 筋肉の構造
  • 筋肉の成長のしくみ

など、超基本的であるにも関わらず普段はあまり触れられないボディメイクの根本原理が分かりやすく簡潔に解説してあります。

実際の食事戦略ではありませんが、基礎を知っているのと知っていないのではその後の成長や理解に大きな差が出てくるのも事実。

かなりためになる知識も多いので、序章も読み飛ばさずしっかり目を通したいところです。

第1章では。栄養を考えるうえで最も基本となってくる

  • 三大栄養素
  • ビタミン・ミネラル

などの性質や特徴などを事細かに解説。

第2章では、トレーニーが一番気になっているであろう「タンパク質」について掘り下げています。

  • タンパク質摂取量の基準
  • タンパク質摂取のタイミング
  • 肉・魚・卵・豆など各種食材のタンパク質のメリット

など、タンパク質に関する疑問をかなり深く掘り下げています。

第3章では、食事戦略を立てるうえでベースになってくる重要な知識、PFCバランスについて解説。

さらにこのあたりからは

  • GI値
  • 乳酸の筋肥大効果

など、少し専門的な知識も織り込まれてきます。

第4章は、BCAAクレアチンなどの有名なサプリ類の有効たるしくみや効果から、α-リポ酸CLAなどなじみの薄い成分など、

筋肥大・ボディメイク

に関与する多くの栄養成分の解説が満載。

第5章は、プロテインを始めとした各種サプリメントの特徴を紹介。

WPI・WPC・WPHなどのプロテインの種類や、各種スポーツメーカのサプリの比較が詳しく解説されています。

トレーニング初心者のうちはどのサプリを買ったらいいのかわからないという疑問はつきものなので、サプリやプロテインの比較がされてあるのはかなり参考になります。

第6.7章では、ボディメイクを効率的に行うための具体的なアプローチ方法を紹介。

6章では

  • 食べ方
  • タイミング

などの食事に関する面から見たテクニックを、

第7章では

  • トレーニングプログラム
  • 睡眠の重要性

など、日常生活におけるテクニックを解説しています。

最後の第8章では

  • カンタンに作れる高たんぱくレシピ
  • コンビニで買える高たんぱく食品

などの紹介があり、より具体的な食事戦略をイメージしやすくなっています。

Weight loss is directly related to what you eat post a workout | Newsmobile

感想

「筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト辞典」の感想を一言でいうと

詳しさと分かりやすさが共存している

という感じ。

情報量は多く情報の質や信頼度は高いのはもちろんのこと、

あくまで筋トレ・ボディメイクに役立つ情報を伝える

という理念に基づいて提供する情報の取捨選択がされており、無駄な情報がなく分かりやすさも追及してある印象を受けました。

科学的根拠に基づいた情報、というと少し小難しく感じるかもしれませんが、無駄な情報がなく必要な知識が体系的にまとまっているため、実際はとても分かりやすい

スラすら読めるのに痒い所にも手が届くといった感じです。

また、類書やネットの記事、YouTubeなどでありがちな

この食べ物がいい

といった断片的な知識の主張ではなく

  • どの栄養素が
  • どのように働き
  • どの栄養素と関与し
  • どんな効果が期待できるのか

など、一つ一つ理屈で説明してあるのも説得力が高いポイント。

なぜ?という根本にある疑問を一つ一つ解消していけるので、楽しみながら読み進めることができ、知識の吸収効率も非常によくなります。

トレーニング初心者の方はもちろんのこと、ベテラントレーニーでも参考になることは多く、

何度も読み返して身に着けたい一冊

だと思います。

まとめ

「筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト辞典」を購読してみた感想や大まかな内容についてシェアしてきました。

個人的には、「パーフェクト辞典」の名にふさわしく、全トレーニーにとって役立つ栄養バイブルだと思います。

以上、『【おすすめ筋トレ本】「筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト辞典」レビュー!』でした!

タイトルとURLをコピーしました